受動喫煙で救急車に! 20mはなれていても…路上喫煙の撲滅をツイッターで訴え

 受動喫煙、路上喫煙でも発作が出てしまう人の悲痛な叫びが、ニュースになっています。

 タバコの煙で救急車に… 「呼吸困難になりかねない」と悲痛の訴え
  =『grape』更新:2020-01-10=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“歩きタバコをする人の煙を吸ってしまうと喘息で呼吸困難になってしまう可能性もあるとコメント”

“喫煙者と距離があっても喘息の症状が出る人がいると警告。
中には、息を止めていても少しすれ違っただけで喘息の発作が出てしまう人もいるといいます。
歩きタバコをした本人には見えないところで、症状によっては救急車で運ばれる人や病院に行かなければならない人も。
その様子を知らない本人は、自分の煙で誰かの命を危険にさらしていることは分からないことでしょう。
投稿者さんは、そのような人たちに「やめてほしい」と強く訴えたのです”

20m離れてても
少しすれ違っただけでも
例え息を頑張って止めても
貴方の煙草の煙で
喘息がでて呼吸困難となり
あなたの知らないところで
救急車で運ばれたり
病院に駆け込む喘息患者もいます

・私もタバコの煙を吸ってしまうと数日間体調を崩してしまいます。
・まだ歩きタバコをしている人がいるんですね…。
・喫煙者ですが、歩きタバコなどマナーの守れない人には吸ってもらいたくないです。

“人によっては命の危険にさらされるタバコの受動喫煙。誰もが健康で過ごしやすい環境を作ることが大切でしょう”

 なお、当サイトと『STOP受動喫煙 新聞』でおなじみの第一人者・大和浩教授の実験によると、屋外でも25m先まで受動喫煙があることがわかっています。
[関連記事]
 予想以上に遠くへ流れているタバコの煙~近隣トラブルを招く ’19年2月10日
 「屋外喫煙所」問題に街の声… JTは“受動喫煙は少なく発症はまずない”と…⁈ ’19年5月24日
『STOP受動喫煙 新聞』
 第20号 – 2017年10月
 第26号 – 2019年(4月)春号

  

  
 喫煙所でもないのに平気で路上喫煙する人々(会員提供)

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

受動喫煙で救急車に! 20mはなれていても…路上喫煙の撲滅をツイッターで訴え” に対して2件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    外出先で毎日のように、様々な路上喫煙を目にします。
    そんな中、禁煙箇所で、ちょっと食べ物を口にしていたら、臭うはずのない所から、タバコの悪臭がしてきました。
    口には、食べ物が入っていたため、凍りつくように、食べるのを中断し、移動することに。
    さらに、別の禁煙箇所にきて、ここなら大丈夫だろうと、再び食べはじめたものの……、
    またしても、タバコの臭いが口の中まで入り込み、この上ない、気色悪さを痛感しました。
    あっちでも、こっちでも、喫煙者ばかりで、受動喫煙を回避しての行動にも、限界を感じてしまいます。
    リアルタイムに、受動喫煙がつらいね?などと、言い合えるひとでもいれば、また、違うと思いました。

  2. ユカタン より:

    読むだけで、想像して、咳込んでしまいました。
    深刻な問題ですよね。ただ禁煙シールだけでは、おさまりません。
    千代田区のように、見張り役が違反者から罰金を取る制度に、どこでも、やってもらいたいです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*