バスターミナルの喫煙所が撤去されていました~「利用者増加等により」?~ 川崎駅西口

 以前にこの欄で、神奈川県の川崎駅西口バスターミナルに、バスの乗降時に必ず受動喫煙に遭う、ひどい喫煙所があり、撤去の申し入れをしたものの「撤去の予定はない」との回答があったと、画像とともにお知らせしました。まず以下の記事を読まれ、その喫煙所の写真もご覧ください。
 →バスターミナルの酷い喫煙所で受動喫煙に 市役所への要望と、回答 ’18年8月

 今年3月下旬、たまたま用ができて久しぶりに行ったところ、偶然にもその少し前に、撤去されていました。(画像はクリックで拡大します)

 

 3月初めの撤去なので、感染問題とは関係なさそうです。
 掲示には、「利用者増加等により」とあります。
 なんだか、すぐには理解できない表現ですね? 喫煙者側から見たら、「利用者が増えたなら、もっと増やせ」という声が出そうです。
 ようするに、“利用者が増えたから、周囲への受動喫煙が増えた(おそらくは、そこからはみ出て吸う者もいたのでしょう、「歩行者の安全確保」ともあります)”ために、いっそのこと無くした、ということでしょうか。市への苦情も多かったのでしょう。
 なぜ利用者が増えたのか、も疑問です。喫煙率は減少し、人前で吸う人も減っています。路上喫煙をしていた人たちが、路上喫煙をやめて、ここに集まるようになったのでしょうか。

 西口のこの付近には、他に喫煙所を見かけなかったのですが、駅を通って東口へ出てみると、以前からの喫煙所は相変わらず、多くありました。以下は’20年3月22日撮影、東口のバスターミナル付近と、そこから少し東南に行ったところです。

 

 これらも、最近の報道によると、「一時閉鎖」はされたようです。→先日の当欄 その後の喫煙所“閉鎖”状況~“新型コロナ”感染増悪の「喫煙所」「喫煙者」問題(その7)

 感染騒動が終息したら、再開するのでしょうか。そうなると、きれいな空気の場所になって安心して通行していた人たちから、苦情が多く出ると思います。場所の無駄でもあります。
 「喫煙所など無くてもかまわない」ということに気づいて、復活せず撤去してほしいですね。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*