コンビニ灰皿 “撤去実験” その後~大分県

 昨年、大分県でコンビニ灰皿の一斉撤去の「実証実験」が行われ、当サイトと『STOP受動喫煙 新聞』でも紹介しましたが、
 →県の多くのコンビニで灰皿撤去に!~大分県の先進的な取り組み
 →コンビニ灰皿の一斉撤去“実験”続報=意見を募集しています
 →『STOP受動喫煙 新聞』第28号 – 2019年・秋号

 実験終了後、各コンビニでは喫煙所を復活したか、どうなったか、の続報が地元紙でありました。

 コンビニ灰皿、撤去継続3割止まり 昨年の大分県実証実験後
  =『大分合同新聞』2020/03/29 03:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“県が呼び掛けた受動喫煙防止の実証実験(昨年9月17日~10月末)で、店舗から灰皿を撤去したコンビニ計253店のうち、実験終了後も継続したのは3割の76店にとどまった

“対策の必要性は理解しながらも、本格的に踏み切りにくい実情が垣間見える”

“「ポイ捨てで周囲が汚くなった」との声がある一方、「飲みかけや食べ残しの放置がなくなった」「携帯灰皿の購入が増えた」といったプラス面の効果も”

 前回当欄でも書きましたが、灰皿がなくなっても、ふつうはポイ捨ては増えないはずです。
 大和浩教授が確かめた福岡のコンビニの例も『STOP受動喫煙 新聞』第26号 – 2019年(4月)春号で記したとおりです。
 増えた、ということは、灰皿が無くても平気で吸う土地柄で、また店頭の違反喫煙を許しているから、ではないでしょうか。


 新宿区のあるローソンの店頭掲示(会員ご提供)。
 灰皿もないのに店頭で喫煙する者が多かったので、会員が本社に申し入れたところ、翌日にはこの掲示がなされていて、違反喫煙者には、店員が飛んで行って注意をするようにもなったそうです。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 コンビニ前の迷惑な灰皿は全廃へ ~セブンイレブンが英断 ’18年12月
 進むコンビニ店頭の灰皿撤去~いまどき難色を示す店は? ’19年5月
 迷惑なコンビニの店頭灰皿・喫煙所の撤去を禁煙学会が求めました ’19年8月
 一人の市民の要望を受け、コンビニ灰皿が撤去されました~みなさんもどんどん申し入れを! ’19年10月10日
 一人の市民の要望を受け、コンビニ灰皿が撤去されました~みなさんもどんどん申し入れを! ’19年10月24日
 コンビニ店頭の喫煙を排除してくれました~ローソン ’19年12月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*