「なぜ日本はタバコ規制にこんなにも弱腰なのか」 ~原田隆之教授(筑波大)論説から

 ネットでよい論説が配信されましたので紹介します。

東京五輪をタバコ五輪にしてはいけない/原田隆之氏(筑波大学人間系教授)
 (『ビデオニュース・ドットコム』6/2(土) 20:04配信)

(一部抜粋)
「先進国では常識レベルの禁煙・分煙措置を義務づけられない国政」

「多くの国では健康被害が深刻なタバコは日本の厚労省にあたる、厚生行政を司る官庁の管理下にあるが、日本では……未だに財務省が握っている。元々、財務省は国民の健康の心配をする役割を担う官庁ではない」

「メディアが軒並みタバコ利権に浸食されている……報道ステーションも、TBSのニュース23も、しっかりJTがスポンサーに入っている。そもそも独占企業で競争する必要がないJTが、毎年CMに200億円も使う理由は、タバコに対する否定的な報道を押さえること以外に何があるのか」

 論説で問題にしている「タバコ税」については、受動喫煙・タバコ規制を妨害する大きな原因として、
受動喫煙撲滅機構では廃止を主張しています。(「税」ではなく、「課徴金」にして大幅値上げをすべき)
 『STOP受動喫煙新聞』第2号第9号で詳しい論説を載せていますので、お読みください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*