ローソン全店で店頭灰皿「一時休止」に(ただし感染問題で~「感染と喫煙所」問題その10)

 当欄でも何度も取り上げている、コンビニ店頭の喫煙所の問題。4月の改正法施行で灰皿撤去した店舗もそれなりにありますが、全国的にはまだまだのようです。

 そんな中、少なくとも当機構周辺、会員の情報では、苦情によく対応してくれている「ローソン」が、感染問題をきっかけに、ですが、全店の灰皿撤去に動いてくれました。

 今までのローソンの良い対応の紹介記事→コンビニ店頭の喫煙を排除してくれました~ローソン ’19年12月
 →コンビニ灰皿 “撤去実験” その後~大分県 ’20年4月

 まずはローソン本社のマスコミへの配信。

 -感染予防の為のお客様へのお願い-トイレ・ゴミ箱・灰皿のご使用一時休止のご案内
  =ローソン本社公式サイト「ニュースリリース」2020年4月28日=

“<休止させていただくサービス>
……
■灰皿のご使用
本来、店頭の灰皿は吸殻を捨てていただく目的で設置していますが、そこで喫煙される方もいらっしゃり、お客様から不安の声も寄せられています。”

灰皿があればそこは喫煙所になる

 しかし、「吸殻を捨てていただく目的で設置」という施設は、ときどきありますが、まったくもって勘違いの考えです。結局「そこで喫煙される方も」というより、そこを喫煙所と認識する人ばかりになるのが、目に見えているものです。
 それに、考えてみれば、「吸い殻を捨てるために」ということは、「そこまでの路上喫煙のために」ということですよね。
 路上喫煙せずに、そこへ来て吸っている喫煙者のほうが、まだ常識的、といえるのではないでしょうか?


 意味がなかった、ローソン(横浜市馬車道)の掲示。’19年8月撮影。(画像はクリックで拡大します)
 なお、上記申し入れ後に行ってみたところ、少し離れたこの店舗も、禁煙になっていました。

 ’20年1月の同店。

 「一時休止」ではなく、無くてもかまわない、ということに気づいて、永遠に喫煙場所なしにしてもらいたいものです。

「灰皿撤去」報道に差が

 以下、ローソンの配信を受けての、各マスコミ報道、列挙します。

 ローソン、トイレ・ゴミ箱・灰皿の使用休止。新型コロナ対策
  =『Impress Watch』2020年4月28日12:39=

“ローソンは、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、店舗でのトイレ・ゴミ箱・灰皿の使用を一時休止する方針を決定した”

“灰皿設置の本来の目的は吸殻を捨てるためだが、灰皿がある場所で喫煙する人がいることに対して、他の客から不安の声が寄せられていることから使用を休止する”

 動画ニュース。

 ローソン トイレやごみ箱、灰皿の使用全店舗休止へ(20/04/28)
  =『ANN NEWS』=

 専門業界紙も詳しくあげています。

 ローソン、トイレ・ゴミ箱・灰皿の使用を一時休止、新型コロナ感染拡大予防で
  =『食品産業新聞社ニュースWEB』2020年4月28日=

 テレビと大手紙も報道していますが、灰皿撤去についてはほんのわずか、“ついで”的に触れている感じです。やはりタバコ広告の関係でしょうか。 (CMのないNHKも、大企業側である、ということはみなさんご存じでしょう。)

 ローソン、トイレやごみ箱を使用休止に
  =『TBS NEWS』28日14時33分─=
  ローソン トイレとごみ箱の利用休止に 新型コロナ
  =『NHK NEWS WEB』2020年4月28日12時01分=
 ローソン、店舗のトイレの使用一時休止 ゴミ箱、灰皿も 新型コロナ感染拡大予防
  =『毎日新聞』2020年4月28日12時56分=

【追記】
 会員より情報提供、その後、トイレは貸し出しOKとなりました。しかし灰皿は撤去のままだそうです。

 ローソンが方針転換 緊急時トイレ使用可能に
  =『テレ朝news』2020/04/30 06:20=

“トイレについては……緊急の人は従業員に声を掛ければ使用できるようにします……ごみ箱と灰皿については引き続き全店で使用を休止します”

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 迷惑なコンビニの店頭灰皿・喫煙所の撤去を禁煙学会が求めました ’19年8月
 市内コンビニ灰皿、一斉撤去! ~西宮市、「改正法施行にともない」 ’19年10月
 一人の市民の要望を受け、コンビニ灰皿が撤去されました~みなさんもどんどん申し入れを! ’19年10月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

ローソン全店で店頭灰皿「一時休止」に(ただし感染問題で~「感染と喫煙所」問題その10)” に対して1件のコメントがあります。

  1. R3 より:

    はじめまして。近所のローソンの灰皿の扱いに疑問があり、こちらにたどり着きました。
    ローソンスリーエフ京王よみうりランド駅前店は、一旦灰皿が撤去されたものの、最近設置を再開しました。
    ローソンでは自治体の路上喫煙禁止条例該当エリアにある店舗では店頭と灰皿を設置しない、とホームページに書いてあり、京王よみうりランド駅前は東京都稲城市の喫煙禁止条例該当エリアのため、問い合わせてみました。
    結果、要約すると店舗側が「灰皿を置かないと近隣の競合に負けるので撤去できない」と本部に回答し、本部も「店舗に灰皿撤去を強制できない」と私に回答してきました。
    強制力のない事をホームページに載せるのは、なんだかなぁ、と思いました。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*