受動喫煙 健康被害の科学的研究発表は’80年代から

 ネットニュースより紹介します。(昨年のものです)

 Listening<読み解きワード>受動喫煙 小児、乳児にもリスク
  =『毎日新聞』2017年4月26日=

 文中に出てくる、“受動喫煙と肺がんとの関係を’81年に世界で初めて発表した”
平山雄(ひらやま たけし)氏は、「タバコ問題情報センター」を創設した方です。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*