「全く理解できない」と批判 ~ 松沢成文議員

 当機構の松沢理事が、“怒り”の会見を行いました。

 希望代表、国民民主を批判=受動喫煙対応めぐり
  (『時事ドットコムニュース』2018/6/14)

(一部抜粋)
松沢氏は政府案を「抜け穴だらけのざる法」と指摘し、野党有志で国民とは別の対案提出を目指す方針を示した。

 「怒り」 もう一つ。

 「原則禁煙」の塩崎恭久氏、受動喫煙対策法案採決前に退席
  (『産経ニュース』2018.6.15 23:05)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*