誰が反対? ~新聞論説より

 新聞記事のネット配信です。
 非喫煙者8割超でも、年1.5万人が「受動喫煙」で死亡! 飲食店の禁煙は誰が反対?
  [6/17(日)8:11配信(2018年5月14日『日本経済新聞』夕刊)]

(一部抜粋)
“受動喫煙を避けたい人も、取引先や上司が「吸える店」を希望すれば拒否しにくいでしょう”

“改正案が成立し、東京五輪前に施行されても、WHOの評価は1ランクしか上がりません。わかりにくい規制に外国人旅行者は戸惑いそうです”

“実測によれば、ドアの開閉で煙がもれるなど、全面禁煙に比べ効果は劣るそうだ。
 服や家具に付着した成分を「第3の煙」ととらえ、その健康被害を研究する動きも始まった”

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*