閉鎖し再開した喫煙所が再度閉鎖に ~ 東広島市

 春に新コロ騒動で閉鎖したもののすぐに再開した役所の喫煙所が、再度閉鎖となりました。

 根拠の乏しい対策にまでヒステリックになっている一方で、感染・悪化の危険性が明らかなのに、閉鎖も制限もない喫煙所は多々あります。
 感染騒動がなくても要らないモノなのですから、どんどん閉鎖(撤去)すべきです。

 喫煙ボックスは当面利用禁止 コロナで東広島市
  =『中國新聞デジタル』2020/12/13=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“……市内で拡大していることを受け、市役所本庁舎にある個室タイプの喫煙ボックスを当面の間、利用禁止にした”

“期間中、庁舎は全面禁煙となる”

“4月にいったん閉鎖し、6月中旬に利用を再開していた”

“ 6人までの入室制限を設けていたが、市管財課は「マスクを外し、密になる可能性がある。再び閉じるべきだと判断した」としている”

 皆さんの自治体や近隣店舗などの喫煙所も、自治体や管理者に「有害な受動喫煙があり感染の危険が」といって、撤去を迫りましょう。(以下の過去記事もご参考に)
 
 
  
 画像は神奈川県庁で’20年6月に撮影したもの(会員提供、既出、『STOP受動喫煙 新聞』31号にも掲載)。

[当サイト関連既報]※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 神奈川県庁は喫煙所「閉鎖・撤去の予定なし」 機構質問への回答 ’20年5月

 喫煙所の閉鎖を続ける自治体が多くあります(横浜市はもう再開していますが) ’20年6月

 感染防止へ、喫煙所の廃止・撲滅を ~ 政府が“注意呼びかけ” ’20年10月

 またもや≪喫煙所で感染≫!「受動喫煙の害とともに、ウイルスをもらう危険性にも警戒すべき」 ’20年8月

 喫煙所と感染問題 ~ “喫煙所は「感染対策は難しい」” ’20年9月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*