最新の報道より。
 松沢成文議員が、ユルすぎの健康増進法改正案について、
 “神奈川の例は失敗なのだから、参考にするな!
 と明快に発言しました。 (記事名の後の囲みは一部抜粋)

 受動喫煙防止「神奈川県条例は大失敗」 松沢氏「参考にしてはいけない」
 =『カナロコ』(『神奈川新聞』)2018/07/06=

“10年近く前の条例制定時とは「時代背景が違う」と前置きした上で、「実効性を高めるためには参考にしてはいけない」と述べ、県条例を教訓にすべきと強調した”
“一度も罰則を適用していない点にも言及し、「違反してもおとがめなしで、抑止力がなくなった」と疑問視した”

 ここでの「教訓に」とは、もちろんふつうの意味でなく、
反面教師=悪い見本、という意味ですね。

 この件について、社会派の記者・岩永直子氏が詳しい論説をしています。
受動喫煙対策の面積特例は「神奈川県を参考に」 「大失敗だった」と前知事
  =『BuzzFeedNEWS』2018/07/5 22:12=

“「大失敗だった」と述べ、委員らから失笑の声が漏れた”
“スペインの2006年の規制は失敗例と酷評されている。対象外とした面積の店舗で、煙の濃度が規制前より高まったという報告もあるからだという”
“スペインは、その反省を踏まえ、2011年に不特定多数の人が出入りする閉鎖的な施設を完全禁煙とする新たな規制法を作った。そして、日本は失敗とされた「スパニッシュモデル」や、神奈川県条例の面積規定を踏襲する法案が審議されている”

 なお、引用されているスペインの失敗例の記事を書かれた石田雅彦記者も、受動喫煙に関して多数の良い記事を発表されていますので、さかのぼって読まれることをおすすめします。
 石田記者の記事一覧 
☆『STOP受動喫煙 新聞』では22号で、
飲食店は「全面禁煙」にすべき5つの理由]を転載させていただいています。

 以下はご参考まで、神奈川条例・タバコ対策についての県のサイトページです。
 「かながわのたばこ対策

 写真は、“条例に賛同します” との禁煙掲示です。
(登戸「クラフトビア ムーンライト」トイレ)