“タバコ運転”は死ぬ確率が上がります

 以前にあげた記事、迷惑で危険な「車・バイクの運転喫煙」 違反じゃないの? また、“喫煙車”は、下取り査定額がガクンと下がります に関連する、運転中の喫煙についての調査結果の報道がありました。
 危険に決まっていますが、それをデータ化しています。

 受動喫煙・三次喫煙にも言及しています。

 運転中の喫煙、事故死率1・54倍
  =『THE SANKEI NEWS(産経新聞)』2021/9/27 20:52=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“9万7千人余りを……20年間追跡調査した結果、たばこを1日20本以上吸う男性は、たばこを吸わない人と比較して交通事故で死亡する危険性が1・54倍高いという”

“ 運転中の携帯電話使用は道路交通法で禁止されているが、喫煙についての規制はない。だがイギリス、イタリア、台湾などでは運転中の喫煙は禁止されている。日本でも運転中の喫煙を禁止すべきとの意見もある”

“たばこに火をつける動作は携帯電話の操作の倍以上の時間がかかる”

 そして受動喫煙について。

“ たばこの先端から立ち上る煙(副流煙)や喫煙者が吐き出した煙(呼出煙)を吸わされる受動喫煙を、2次喫煙という。加熱式たばこでは副流煙はないかもしれないが、呼出煙は発生するため、2次喫煙は避けられない”

“産業医科大学の大和浩教授の研究によると、喫煙者の呼気からは喫煙終了後、40分以上にわたり有害物質が検出されるという。この研究報告を受けて、筆者の勤務する大学でも「45分ルール」を設け、喫煙後45分間のエレベーター利用や面談などを禁止した”

“ 車内で喫煙する人の車はたばこ臭い。これは、たばこの煙に含まれるタールなどが車室の内面やエアコンのフィルタに付着し、そこから発生する揮発成分によるものだ。このような、たばこの煙の付着物から発生した成分への暴露を3次喫煙というが、これも立派な受動喫煙だ”

“ 運転中の喫煙は事故の危険性を高めるうえ、車の中での喫煙は同乗者に望まない受動喫煙を強制することになる。たばこを吸うドライバーには安全運転と同乗者の受動喫煙防止のためにも、禁煙をお勧めしたい”

[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓で引いてみてください。
 “入っていいのは「非喫煙」運転手の車のみ” 三次喫煙撲滅の病院タクシー乗り場が本格運用に = がん研有明病院 ’21年5月

 全トラックを車内「完全禁煙」に=日東物流株式会社 ’21年6月

 狭い車内でも喫煙する人の問題点 ’20年5月

 車の中でされたら最もイヤなこと、女性1位は ’20年8月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*