わが国では「東京都 子どもを受動喫煙から守る条例」ができたところですが、(→本ニュースでは 5/11 5/15 で、『STOP受動喫煙 新聞』では ’17「特別号」 20号 「増刊号」 に関連記事)

 アメリカではさらに、三次喫煙=サードハンドスモークからも、子どもを守るための、州法が進んでいます。(→「三次喫煙」については本サイトのコラムをご参照)

 子どもの「3次喫煙」防止法案 上下両院で可決、知事の署名待ち
  =『Daily Sun New York』07/24/2018=  (以下、一部抜粋、「……」は文の省略)

“……子どもを預かる部屋での喫煙を、営業時間外を含め全面的に禁止する法案が可決された……壁や家具などに付着した副流煙の残留物を摂取することによる「3次喫煙」の害から子どもを保護することが目的”
“調査によると、最後の喫煙後数カ月の間、たばこが吸われなかった部屋でも、カーペットや壁、ソファ、衣類、おもちゃなどから副流煙の残留物が見つかった”
“ヘビースモーカーが暮らしていたある住宅では……汚染の度合いは20年以上、賭博場営業を続けた部屋と同レベルだった”
“カリフォルニア州では2014年に、同様の州法が制定されている”

 この州法は、前に喫煙があった部屋での、物質へ付着したタバコの成分・ヤニ臭からの受動喫煙を対象にしたものですが、
三次喫煙=サードハンドスモークの定義には、外で吸ってきた人が臭う、というものも含まれます。
 一般には、後者の被害のほうが、多いでしょう。

 日本と違い、空間が広い海外では、屋外は喫煙自由となっている国も多いので、
喫煙規制反対派には、「外も中も規制する日本はやりすぎだ」という者がよくいます。(しかし、韓国や中国の一部などでは、路上禁煙もあります)
 これからはアメリカその他先進国では、屋外の受動喫煙も、喫煙後に入室した者からのサードハンドも、規制されるようになるのでは、と思います。

 写真は、喫煙者からのサードハンドに言及した、東京・京橋にあるカレー店の、以前の掲示です。
  (’16年10月筆者撮影。その後「喫煙者お断り」などに更新されたようです)