「受動喫煙は能動喫煙とは違うメカニズムで変異を誘発」「受動喫煙が肺がんの遺伝子変異を誘発」

 “自分はタバコを吸わないから、平気”と思って、受動喫煙を容認している人が、よくいます。
 そこで私は、「受動喫煙も、喫煙者が吸っている煙と成分は同じですよ」「副流煙のほうが、喫煙者が吸う主流煙より毒性が強い成分も多い」と、当サイトでも言ってきました。
 そのことはおよそ間違いではないのですが、最新の日本の研究で、喫煙者自身の能動喫煙による遺伝子損傷とはまた違う遺伝子を傷つけている、ということがわかったそうです。
 各マスコミで大々的に報道されましたので、順に列記します。

 受動喫煙、特有の遺伝子変異でがん悪化か 煙による炎症で
  =『毎日新聞』2024/4/16 17:49(最終更新 4/16 19:24)=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“ 受動喫煙が引き起こす肺がんのメカニズムの一端を明らかにしたと、国立がん研究センターなどのチームが16日発表……喫煙者とは異なるタイプの遺伝子の変異が肺にたまり、がんの悪性化を促進している可能性”

“ 受動喫煙は、肺の末梢(まっしょう)にできる肺腺がんを誘発しやすいことが知られていたが、メカニズムはわかっていなかった”

“肺腺がんの手術を受けた主に50代以降の女性で、非喫煙者(291人)と喫煙者(122人)の計413人について、切除したがんのゲノム全体の変異数やその特徴を調べ……非喫煙者291人のうち、受動喫煙があった213人と受動喫煙がなかった78人を比べると、あった人の変異の割合が有意に高かった”

“「APOBEC型」と呼ばれる変異の割合が、受動喫煙があった人は15・6%あり、なかった人(7・32%)に比べて目立った”

“ APOBEC型は、たばこの煙を吸って起こる炎症に伴ってできる変異。肺にたまると、初期のがん腫瘍ができた際、悪性化を促進することが過去の研究でわかっていたが、実際の患者でわかったのは初めて”

“「女性だけに限ったのは受動喫煙の環境を合わせるためだが、男性でも同様のことが言えると考えている」”

 受動喫煙で遺伝子変異、肺がん促す 国立がんセンター
  =『日本經濟新聞』2024年4月16日 18:03=

“受動喫煙が肺の細胞の遺伝子を傷付け、がん化を促す仕組みを特定……たばこの煙で肺に炎症が起き、遺伝子に変異を起こす特定のたんぱく質の働きが高まっていた。良性な腫瘍で作用して発がんリスクを高めるほか、治療薬への耐性など悪性化にも関与しているとみられる”

“女性の肺がん患者約400人を対象に受動喫煙歴と遺伝子変異の関連をゲノム解析で分析……自身は喫煙しないものの10代30代の頃に、継続的に受動喫煙の経験があったと回答した人は、非喫煙者に比べて遺伝子の変異数が約12%多かった”

“遺伝子に傷を付けるたんぱく質「APOBEC」に特徴的な変異がゲノム全体で確認……このたんぱく質は炎症によって細胞で作られるほか、がん治療の際に抗がん剤が効きづらくなるなど患者の予後を悪化させる因子”

“一方で、肺がんのもととなる腫瘍形成に関わる遺伝子の変異には影響が見られなかった。受動喫煙は「すでにできた良性腫瘍でランダムな遺伝子変異を誘発させ、がん化悪性化を促しているとみられる」”

 受動喫煙肺がん特有の遺伝子変異 たばこを吸う人とは異なる型
  =『東京新聞 TOKYO Web』2024年4月16日 18時23分 (共同通信)=

“ 受動喫煙を受けた人の肺がんでは、たばこを吸う人とは異なる型の遺伝子変異が発生し、腫瘍のがん化を促している可能性があることが分かった……「受動喫煙を防ぐ対策の必要性を示す結果だ」”

“10代、30代のいずれかで受動喫煙を受けて肺がんとなった女性……受動喫煙を受けなかった人に比べ遺伝子変異が約1・1倍と多く蓄積していた”

“ 受動喫煙は肺がんを引き起こすリスクを約1・3倍高めることが判明していたものの、遺伝子変異との関わりや、がんになる仕組みは分かっていなかった”

 受動喫煙」が肺がんの発生促すメカニズム 遺伝子レベルで初めて明らかに 国立がん研究センターなど
  =『TBS NEWS DIG』2024年4月16日(火) 18:41=

“他人のたばこの煙を吸う「受動喫煙」が肺がんの発生を促すメカニズムについて……遺伝子レベルで初めて明らかに”

“女性の肺がんの多くを占める「肺腺がん」の女性患者およそ400人を対象に、▼「たばこを吸う」、▼「自分では吸わないが受動喫煙を受けていた」、▼「どちらでもない」の3つのグループに分けて遺伝子変異を解析……受動喫煙をしていた患者の肺がんでは、していなかった患者の肺がんよりも遺伝子変異がおよそ1.12倍多いことが分かりました”

“受動喫煙をしていた患者の肺がんでは、喫煙者の肺がんで見られるタイプの遺伝子変異はほとんど見られず、異なるメカニズムで変異を引き起こすことが明らかに”

“がん研究センターは、「受動喫煙による健康被害を防ぐ必要性を強く示唆している。受動喫煙による肺がんの予防に役立つことが期待される」”

 受動喫煙が女性の肺がんを引き起こすメカニズムを解明 国立がん研
  =『ウーマンズラボ』2024.04.18=

“国立がん研究センターは16日、受動喫煙が肺がんを引き起こすメカニズムを明らかにしたと発表した。研究は、非喫煙者で肺がんになった女性291人と、能動喫煙者で肺がんになった女性122人を対象に、受動喫煙の経験有無と遺伝子変異の関連を分析した。以下は研究結果サマリー(国立がん研究センター「受動動喫煙が肺がんの遺伝子変異を誘発することを証明」)

  ・受動喫煙は肺の中での炎症を誘発し、腫瘍細胞の悪性化を引き起こす
  ・受動喫煙と能動喫煙では、異なるメカニズムで遺伝子変異が誘発される
  ・「受動喫煙を受けて発生した女性の肺がん」は、「受動喫煙を受けずに発生した女性の肺がん」と比べ、より多くの遺伝子変異が蓄積している

“受動喫煙の防止策としては2020年に、学校や病院、児童福祉施設、行政機関のほか、飲食店やホテル、旅館などの共用部での屋内禁煙が原則となった。しかし受動喫煙を十分に防いでいるとは言い難く、東京都が先月実施した「受動喫煙に関する意識調査」では、1年以内に受動喫煙を経験した人は女性47.1%、男性52.1%……また受動喫煙のリスクを知らない人も未だ一定数おり、受動喫煙が健康に影響することを「知らない」と答えた人は女性24.5%、男性31.1%だった”

  受動喫煙による肺がんは、喫煙者と異なる遺伝子変異を誘発か…良性腫瘍のがん化促す可能性
  =『讀賣新聞オンライン』2024/04/19 15:00=

 二つ上の記事にもありますが、元の、「がん研」発表は以下。

 受動喫煙が肺がんの遺伝子変異を誘発することを証明 受動喫煙を回避することの重要性を肺がんの発症機構からも確認
  =「国立研究開発法人 国立がん研究センター」「プレスリリース」2024年4月16日=

発表のポイント
……
● 肺がん女性の受動喫煙歴と遺伝子変異の関係を調べた結果、受動喫煙を受けて発生した肺がんでは、受動喫煙を受けずに発生した肺がんと比べて、より多くの遺伝子変異が蓄積していることが分かりました。
● 受動喫煙は、能動喫煙とは異なるメカニズムで変異を誘発し、肺の中にできた初期の腫瘍細胞が悪性化するのを促進すると推定されました。
● これらの発見は、受動喫煙による健康被害を防ぐ必要性を強く示唆しており、また受動喫煙による肺がんの予防に役立つことが期待されます”

1.受動喫煙は能動喫煙とは違うメカニズムで変異を誘発する
……受動喫煙を受けていた(月に1~2日から毎日まで)方に生じた肺がんでは、受動喫煙を受けていない方の肺がんと比べて、より多くの遺伝子変異が蓄積……能動喫煙者の肺がんで見られるたばこ中の発がん物質により直接引き起こされるタイプの変異(注3)が、受動喫煙者の肺がんではごく稀にしかみられませんでした。よって、受動喫煙は能動喫煙とは違うメカニズムで変異を誘発することが明らかになりました。

2.受動喫煙は、肺の中にできた初期の腫瘍細胞が悪性化するのを促進する
……受動喫煙者の肺がんでは変異誘発活性を持つAPOBEC3B遺伝子の発現が高まっており、APOBECタンパク質群(注5)により生じたと考えられるタイプの変異が増加……受動喫煙により誘発された変異の多くは、がん組織内のすべてのがん細胞のDNAに一様には存在していないことから、腫瘍細胞の発生そのものではなく、その後に不均一性(多様性)を増加させることで初期の腫瘍細胞の悪性化を促進していると推察”

3.受動喫煙が、発がんを促進するメカニズム
……受動喫煙が能動喫煙とは異なる遺伝子変異を誘発することが明らかに……受動喫煙は肺の中での炎症を誘発し、その結果APOBEC3BなどのAPOBECタンパク質が活性化されることで、変異が誘発され、不均一性を獲得することで、腫瘍細胞が悪性化していくというメカニズムが考えられ……抗がん薬が早い段階で効かなくなってしまうなど、患者さんの予後を悪くする”

今後の展望
……受動喫煙によって変異が誘発されるメカニズムが明らかになったことで、炎症を抑えるなど、受動喫煙に対する新たな肺がん予防法が今後開発されていくことが期待……受動喫煙と肺がんとの関連はこれまで科学的に確立されていましたが、本研究によりその科学的根拠がさらに強固に……日本では改正健康増進法の下でも経過措置の形で屋内全面禁煙が十分に普及していません。受動喫煙による健康被害を防ぐために、国際的に標準となっている屋内全面禁煙の法制化が望まれます”

 
[当サイト関連既報] ※他にもありますので、検索窓やカテゴリーで引いてみてください。
 “受動喫煙が体に悪い”と知らない?! 東京都調査 ’24年4月

 じつは気づかなくても受動喫煙にあって体内コチニン濃度が高まっている! ’23年10月

 何メートルも離れていても、喫煙者は被害者を発症させる…!「路上喫煙は絶対にやめてほしい」 ’23年8月

 加熱式タバコも電子タバコも被害あり「安易に手を出すな」研究医が提言 ’23年8月

 空気清浄機の効果のほどは? ’23年8月

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*