当サイトではたびたび取り上げている、「子どもへの受動喫煙」問題。 (末尾☆に関連掲載分リンク)

 昨年のものですが、子どもへの受動喫煙の、健康などの影響についてまとめた報道がありました。

 肥満にアレルギー…親の喫煙による「子供への悪影響」がヤバい
  =『NAVERまとめ』2017年03月29日=

  以下、部分引用です。(太字化は引用者)

“生後6か月の時に受動喫煙があった子どもは、その後、肥満になる割合が高くなる”
“子供が乳児期に受動喫煙があると4歳以後で食べ物アレルギーや湿疹になるリスクが高くなる”
“(コメント)「喫煙するような親はそれだけ育児に対してだらしないとか子供の健康に無関心ということなのだろうか?」”

[アレルギーとの関連性も示唆されている]
“子供が乳児期に受動喫煙があると4歳以後で食べ物アレルギーや湿疹になるリスクが高くなる”

“母親の血液に含まれるニコチンの1.5〜3倍の量のニコチンが母乳に混ざってしまうのです。つまり、ニコチン入りの母乳を赤ちゃんに与えている”
“成長してから心疾患にかかるリスクが4倍になる”

 そして……、

[以上のようなリスクがあるものの、4割の親は子どもの受動喫煙は気にしないと回答]
“子供の前で吸うかを聞くと、男性の21.0%、女性の30.0%が子供の前でも「構わず吸う」と回答”

 恐ろしいですね。

 なお、じつは私の両親も元ヘビースモーカーで、私は肥満児でした……。

 私は親を“反面教師”として育ち、こんな活動をやっているわけですが、
ふつうは、前記記事にもあるように、喫煙する親の子は喫煙者に、しかも早くからなることが多いようです。

 
 ☆「子どもの受動喫煙被害」当サイト関連項目
 子どもの受動喫煙は特に問題=被害が大きくなりやすい
 アメリカでは「三次喫煙」も禁止に “子どもを受動喫煙から守る州法”
 
 「条例」関連→ 東京都5月11日 5月15日 兵庫県でも条例化