タバコと化学物質過敏症

【本記事は、受動喫煙撲滅機構の関係団体による寄稿です】

他の人が吸っているタバコからの煙(副流煙や呼出煙)を吸い込むこと(受動喫煙)によって、様々な体調の不調が生じることがあります。

また、眼の前で吸われたタバコの煙だけでなく、床や壁、衣類に付着した煙や、その他残留している物質によって、症状が起こることもあります(「三次喫煙=サードハンドスモーク」とは?)。

受動喫煙によって発生する症状に対して、「受動喫煙症」と診断をする医師もいますが、タバコによる「化学物質過敏症」との診断をする医師もいます。

受動喫煙症の診断医でない、一般の医師には、「受動喫煙症ですか?」と尋ねても、「そのような病名はない」と回答する医師もあります。

そのひとは、確かに、タバコの煙で苦しんでいるのに、なぜでしょうか?
医師による「診断」という視点から、見直してみましょう。

受動喫煙症とは?

「受動喫煙症の分類と診断基準」とは、日本禁煙学会と禁煙医師連盟・診断基準委員会で策定したものです。

なおこれは、(2018年9月現在)標準病名マスターに登録されている標準病名では、ありません。※レセプト病名(標準病名マスター)とは
この点などから、新しい考え方である「受動喫煙症」の診断を、行わない医師も多いのでしょう。

☆受動喫煙症に関する詳しい情報は、当サイトの過去のコラム「受動喫煙症知っていますか?」または『STOP受動喫煙 新聞』第25号の特集をご覧ください。

化学物質過敏症とは?

ごく微量のさまざまな化学物質によって引き起こされる頭痛・吐き気・自律神経の異常などの症状。 CS 。

※三省堂 大辞林より

CSという単語がでてきました。何でしょうか?

CSって何?

Chemical Sensitivity の頭文字。
さいきんは、MSC(Multiple Chemical Sensitivity, 多種化学物質過敏症) と呼ぶことも多いようです。
ここで、化学物質過敏症についての、環境省と厚生労働省の考え方を見てみましょう。

環境省の見解

まず、呼び方ですが、2018年9月現在においても、2015年の研究報告書が最新であり、その中では、

環境中の微量な化学物質のばく露によって多様な症状の誘発や増悪を訴える本態性多種化学物質過敏状態(以下、「いわゆる化学物質過敏症」と言う。
平成27年度「環境中の微量な化学物質による健康影響に関する調査研究」報告書

とあり、「いわゆる化学物質過敏症」とし、「化学物質過敏症」とは呼称していません。
また、

これらを踏まえると、いわゆる化学物質過敏症とは1つの疾患というよりも、化学物質ばく露も含めた、いくつかの要因による身体の反応や精神的なトラウマが重なって表現される概念と考えることが、現在の時点では妥当と考えられる。

とし、一つの病名としてはふさわしくないという見解のようです。

ただ、化学物質にさらされて症状に苦しんでいる人々がいることを否定して言うわけではありません。

実際に健康影響を訴える集団が存在しているにもかかわらず、病態や発症メカニズム等未解明な部分も多く、その科学的知見を基盤とした実態はよく分かっていない

としています。

厚労省の見解

既存の疾病概念で病態の把握が可能な患者に対して、「化学物質過敏症」という診断名を付与する積極的な理由を見いだすことは困難

「室内空気質健康影響研究会報告書:~シックハウス症候群に関する医学的知見の整理~」の公表について

としており、病態の存在自体を否定はしないけれども、「化学物質過敏症」の呼称が、かえって「科学的議論を行う際の混乱の一因」となっていると指摘している。

これは、現時点においては残念ながらCS・MCSは科学的に解明されていないため、「化学物質過敏症なのか?」を議論していると、いちばん大切な患者の治療に進めないことになり、
アレルギーや中毒と言った、既存の疾患によって説明可能な症状は、その診断で治療に進むべきだと指摘しているのではないでしょうか。

なお、「臨床検査法及び診断基準が開発され、微量化学物質による非アレルギー性の過敏状態についての研究が進展することを期待したい」としており、CS・MCSの存在を否定しているわけではなく、病名としては認めているようです。

標準病名マスターへの登録

2002年にシックハウス症候群 を 標準病名マスターに登録

2009年10月1日 に、化学物質過敏症を 標準病名マスター に登録

タバコと発症

タバコ(受動喫煙)によって、いわゆる化学物質過敏症の症状を発症する人は、実際にいます。

診断の難しさ

タバコによって症状が発症している人にとっては、その症状の原因がタバコの煙であると、認めてもらいたいものです。

ですが、医師の視点で考えた場合、その症状が本当にタバコによるものなのか、それとも、他の物質に対して発症したものなのかを判断する必要があり、それが非常に難しいという面もあります。

化学物質過敏症と受動喫煙

タバコの煙を吸うことによって、体調が悪くなる人は、多く存在します。

その人達にとっては、医師に「タバコの煙が原因だ」と断言してもらうことによって、さらなる回避行動をとったり、喫煙環境を変えてもらったりと言った、実際の行動に進むことができるようになります。

1日も早く、受動喫煙と、その症状の因果関係が明確になることを、願ってやみません。

そして同時に、現時点において、既にその因果関係に確信を持った医師によって、受動喫煙症の診断が行わております。

受動喫煙で苦しんでいる方は、ぜひ一度、受動喫煙症の診断医を受診なさってください。

なお、受動喫煙撲滅機構では、「受動喫煙オンライン相談」を開設しています。
健康問題についてはこちらにお問い合わせください。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*