社会問題化している受動喫煙問題の中でも、とりわけ深刻で、
被害の訴えが増加している、“集合住宅での受動喫煙”。
 (当サイト今までの関連記事は末尾☆)

 その最たるものといえば、ベランダ喫煙、いわゆる「ホタル族」で、
周囲の住民に悪臭を強要している問題です。

 ネット配信の「ヤフージャパン」が、それについてのアンケートを実施、結果が公開されました。

 [結果]集合住宅のベランダで喫煙、どう思う?
  =『Yahoo!ニュース』(意識調査) 実施期間:2018/10/19(金)〜10/29(月)=

 ベランダ喫煙という行為を
理解できない」が60.1%、「理解できる」は36.4%でした。
 (この「その他」3.5%は、どういう内容か不明ですが……)

 続く投稿コメントも、だれもが思う、切実なものが多いようです。
 しかし、やはり非論理・幼稚な、喫煙擁護・問題すり替えも多くあります。
 まともな中から、象徴的なものを抜粋します。

“戸建住宅でも隣人が外でタバコを吸えば煙は家の中へ入ってくるので大迷惑です
おまけで、隣人が匂いのキツイ洗剤を使った洗濯物干されると頭痛くなりしんどいです”
“ベランダでしか吸えないのならやめた方が良い。家の中で堂々と吸うべきです”
“喫煙者に窓閉め切って吸え!!ってコメントしたことあるけど、そしたら「部屋の中にヤニがこびりついて汚れるだろ!」とか「家族が嫌がるんだ!」と普通にコメントしてきたことあります。煙草脳になると普通の社会では不適合なアホになるようです”
“タバコも柔軟剤や洗剤の毒ガスも本当に迷惑。喘息を誘発し、呼吸困難で死にそうになる!
うちは禁煙区域になってるのに歩きタバコ、自転車タバコのポイ捨てで道が汚い。
禁煙区域なのに役所は何も取り締まらない。
ベランダも部屋にもトイレにも全部入ってくる。窓が開けられず換気扇も回せません。”

調査方法・設問は正しいか?

 しかし、この「理解」という設問は変ですね。誤解を生じます。
 コメントにもありました。

“「理解できる」「できない」という選択肢はおかしい。
「許容できる」「できない」のほうが適切だと思う”

 おそらくほとんどの人は、「理解できない」は、「許せない」「そんなことをする人は信じられない」という意味でとらえているのでしょうが、あるいは、
「(許せないが)喫煙者の脳ならありうることを理解できる」
 などと思って、回答した人も、いるかもしれません。

 もっと詳細・適切な設問、募集であれば、よりよい結果になったと思います。今後の調査に期待します。

 「受動喫煙撲滅機構」でも、ベランダはじめ住宅での受動喫煙被害への、ご意見を募集しています。
 以下コメント欄に何でもご投稿ください。

☆当サイト関連記事
 ベランダ喫煙など「住宅受動喫煙被害」は全国的な問題に

 禁煙のマンション・アパート、集合住宅はあるか?

 住宅・タバコ問題解決.net

 自宅での受動喫煙 その2 – 隣人による喫煙