仕事中はタバコを吸わないことが当然 ~ 銀行が就業中完全に喫煙禁止に

 銀行グループ全体が、出勤中の喫煙を一切禁止、とすることになりました。
休憩時間、外出先でも同様のようです。
顧客の受動喫煙防止と行員の健康促進」のためとのことです。

 十六銀行が完全禁煙 就業時間中は外回り含め禁煙
  =『岐阜新聞Web』2018年11月08日 08:32=

 違反の罰則については書かれていませんが、どう徹底するのでしょうか。
 外出先では必ず破る者もいると思います。

 同様の取り組みはすでにリコーなどが実施していますが、
早急に全事業所に普及してほしいですね。

 以下も他の取り組みの報道。しかし出ている統計は、終日完全ではなく昼など正規の休憩中の喫煙はOKとしている社も含むものと思いますが。

 「喫煙休憩は生産性低下」、就業中禁煙の企業増
  =『YOMIURI ONLINE(読売新聞)』2018年11月12日 07時09分 =

 以下の写真は、非喫煙者割引のプランもある「マニュライフ生保」の喫煙室です。
 そんな会社でも、喫煙者ゼロや就業中禁煙にはできなかったようです。(2014年撮影、その後はどうか知りませんが)

 ☆当サイト関連既報(一部)

 「喫煙者は採用しない」は法的にも問題なし

 「仕事中 禁煙(タバコ休憩不可)」は法的に問題なし

 「喫煙社員をゼロにする講演会」がありました

仕事中はタバコを吸わないことが当然 ~ 銀行が就業中完全に喫煙禁止に” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    仕事中は、完全に禁煙にしてください。
    昼休みなら問題ないだろうという話でもありません。
    終日禁煙にしない限りは、他の働く人たちにも悪影響にしかならないからです。
    いくら決まりをつくっても、外出して隠れて吸えば見つかるはずはないと安易な考えの喫煙者もいるでしょう。
    そのためには、タバコ煙害からの残留喫煙などを、各仕事先で徹底して教育していくべきではないでしょうか?
    やはり、大元が全くダメなんですから、それぞれで、取り組むしかないです。
    仕事先には、受動喫煙の心配をする必要こそなくなるように。
    そうしていただかないと、本当に、受動喫煙として困る人たちは、苦しい生活でしかならなくなりますから。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*