昔の親のタバコで、いま深刻な病気になるかもしれません

 母がたばこを吸っていて…肺がん患者が語る“受動喫煙” 年間1万5000人死亡のワケ【北海道発】
  =『FNN PRIME(北海道文化放送)』2018年12月23日 日曜 午後6:00=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“小さい頃から母の出すたばこの煙を追いかけて捕まえるっていうのが、一つの楽しい遊びなぐらいだったので”

“肺がんと診断され、その時、頭を過ぎったのは幼い頃の「受動喫煙」だった”

“3歳くらいから小児ぜんそくと言われて、どんどんひどく、寝てられないくらいひどい状態。ゼーゼー言って、溺れるみたいにすごく苦しいんですよ。
朝になると母親におぶられ、近くの小児科で処置をしてもらう毎日”

“これ以上(受動喫煙で)苦しむ子どもを作りたくない……子どもの体の中に『病気の種』をまくのと同じ”

“赤ちゃんの時にたばこに接すると、ぜんそくだとか、呼吸器の疾患が多くなるっていう因果関係は確かにある”

 なお、千葉市の内科医から直接聞いた話ですが、
小児ぜん息で来院する子は、みなタバコ臭い
 とのことです。
 もちろん子どもが喫煙者のわけはないですよね。
 わが子がそんな体であっても、家や連れてくるときの車内での喫煙を何も考えずに続けているのでしょう。

 やはり子どもへの受動喫煙は「虐待行為」として、通報、罰則で取りしまる法律制定が急務です。

改装中のロッテリア上大岡店(2012年)

モスバーガー西荻窪北口(2018.11)

TAKE YOUR SMOKE OUTSIDE

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*