銭湯の中に灰皿!? お風呂あがりの受動喫煙~洗った体がタバコ臭くなった…‼

 自宅にお風呂があっても、ゆったりと広いお風呂屋さんに行きたいという、
銭湯ファンはけっこうあるようです。

 東京のタバコ問題の活動者のあいだでは、「スモークフリー銭湯の会」という有志の集まりがあり、
毎月どこかの銭湯に行って、その後に食事会をするイベントを、長年続けています。→その報告の一部→ブログ『大自在荘通信

 しかし、なんといまどき、脱衣場やロビーに灰皿があるという、せっかくきれいになった体にタバコの臭いを染みつかせるとんでもない銭湯が、まだいくつもあるようです。
 (また、室内は禁煙でも入口前に灰皿がある銭湯はさらに多数あるそうです)

 「銭湯の会」の古くからの常連、渡辺文学氏=当機構理事・「タバコ問題情報センター」代表理事・前述ブログ管理者=は、銭湯の会の代表やメンバーとともに、それら問題銭湯の受動喫煙撲滅の活動を進めています。

 以下は最近作成したその檄文です。(図はクリックで拡大します)

 渡辺理事は、他にも精力的に受動喫煙撲滅活動を進めています。
 →当サイト2月21日掲載 路上禁煙の千代田区で違反する人たち~「タバコ問題情報センター」が区議会へ陳情・請願を進めます

 いずれも賛同・応援は同会または当機構まで!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*