求人に、職場の“禁煙・分煙・喫煙可”が示されることになります

 企業や団体など事業所の求人募集に、禁煙かどうかを詳しく明示するようになるということです。

 受動喫煙対策、求人に明示義務 厚労省
  =『日本経済新聞』2019/3/27 15:44 =

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“現行では……人材を募集する際、賃金や労働時間などの労働条件を明示することが義務付けられている。今回は職場における受動喫煙の対策を追加する”

“「屋内禁煙」「喫煙可」「屋内原則禁煙(喫煙室あり)」といったルールを記載する。働く場所が複数にまたがる場合は、それぞれ明示する必要がある”

 職安などの求人で受動喫煙のない職場を探すのは、面倒がありました。それについては昨年の本サイトに私の体験を書いています。今回の報道内容を予測していた産業新聞の記事の引用の後にあります。

 職場の禁煙・受動喫煙対策はどう変わるか? 「改正健康増進法成立」を産業紙が解説 2018年8月31日

 なお、今年のMASH講演イベントは、職場の問題を扱います。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

 ※画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

求人に、職場の“禁煙・分煙・喫煙可”が示されることになります”に13件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    会社も一カ所にとどまるつもりで働くとなれば、完全に禁煙でないとなりません。
    第三次喫煙も数が増えれば、強烈な物になります。
    しかし、そこを追求すると、嫌な奴とか、神経質過ぎると必ずやいわれる。
    まだまだ、第三次喫煙も、受動喫煙にしても、理解者が少ないです。
    そして、中の責任者がヘビースモーカーが多いと、とてもついていけなくなり、上司や仕事への思いが、つじつまが合わなくなる。
    いくら上司だろうと、喫煙者である以上は、リスペクトまでは至りません。
    近くで話せば、不快感しかならずに、身体から遠退いてしまいます。
    やはり、会社では、終日禁煙である事が、平等に働けることです。

  2. ユカタン より:

    タバコ習慣ある人なら、禁煙の会社なら、大変だーとなるだろう。
    しかし、喫煙可等とされたものなら、少なからず、吸わされてしまうって事だね。
    タバコを吸わない習慣の人間が、早くに退職しなければいけなくなっても、なにさ?
    喫煙習慣ある人が、長年、同じ会社で気にすることもなく、働けてるって。。。
    そして、そのような理由で、辞めていった事など、知れたものなら、悪人扱いにされるのが、関の山です!

  3. ユカタン より:

    人間関係としては、最初、嫌な人だなあと感じていても、後々そうではなかった、良くなった例は、いくらでもある。
    でも、煙草の臭いが、後から良くなったなんて、ありえないよね。多分、宝くじ一等が当選する確率ぐらいありませんよ!

  4. ユカタン より:

    本当に、分煙なんかで良いのだろうか。。。
    そうやって煙草を油断させて振出しに戻ってしまわないか心配です。

    以前に、北海道のトマムリゾートホテルに派遣を通じての住み込みで働いていたことがあります。
    中国人も大変多く、中国語で会話してみたいと、仲良くしていた人が何人も居ました。
    喫煙所は、ホテルの出入口にあるぐらいでしたが、そこで、何度も話をしていた、ちょいとかわいい感じの中国人男性が、煙草を吸われていました。
    いつもながらに話をしていたら、
    「日本の煙草はおいしくて、おいしくて仕方ない!」という事を言われました。私は、冷静さを忘れぬように、「あっそうなんだー」と笑いながら後にしました。
    今になり、その言葉からして、オリンピックに向けての、日本に煙草を吸いたくて仕方ない外国人が訪れるのではないかと。。。。

  5. ユカタン より:

    なかなか多くの非喫煙者がいても、投稿することさえ実行できない人も多い中、立派だと思います。職場が、それではどうもなりませんよね…

    10年前から考えれば大分変わってると願いたいところですが、私の働いていた、北海道の世界遺産に登録された知床のホテルが大変でしたね!従業員が大半喫煙者なのです。お客の利用する飲食の所ぐらいが禁煙でしたが、宴会は別でした。タバコもくもくです。
    更に、社員食堂なんかも分煙なんかありませんでした。薄いドアが一応あって毎回臭いが流れまくりでした。総務課長でさえ超ヘビースモーカーでした。
    至る所にタバコの臭いがあり、お客様からのアンケートでも「タバコの臭いが不快だ」との声もありながら、何にも改善はありません。なぜならば喫煙の従業員しか居ないと言っても過言じゃない、部署ごとの朝礼なども容赦なく吸っていましたから、つまり逃げ場が全くないのです。知床の環境としては素晴らしいのですが…
    銀行の中もタバコを吸えた地域環境にはびっくり仰天でしたよ!観光客だろうが、あれだけ空気の良い場所なのに、辺り構わずでしたね!
    仕事となれば私もタバコの事で神経がやられるぐらいきつかったです。ここは、何とか半年も居ましたが、嫌な思い出になりましたね。

    1. ユカタン より:

      日常で凄く不快だと思わずにはいられない受動喫煙が多くありますが、その中の一つは工事関係者の喫煙だと強く言いたいです。
      まず、工事をやられるとその人方の休憩時には、タバコを吸うのがお決まりです。人数も多くなるので強烈な臭いになります。道路工事、建設業、そこに派遣される警備までもタバコを多く吸います。大体、昼以外だと10時と15時頃に休憩があり、一服だのとなります。
      その各現場も多くある中、周辺で吸うことになります。
      そこを通るだけで強い臭いがして苦しくなります。ガス、水道、建設の関係者は、何故かヘビースモーカーだらけです。
      このような会社の人間に対しても、やはり、勤務時間中は禁煙にするべきです。そこには必ずといっていいほど民家があります。その人らの喫煙も時には部屋の中にまで入り込む事があります。とてもマナーが良いとは言えません。
      一服? はあ?って感じです。汚染するだけです。
      そしてその人らも歩く有害物質になります。外ならば吸っても良い場所等一つだってありません。たとえ、田舎の山々でも植物がかわいそうです。すべての人がもっと事の重大さをわかってもらいたいです。

      1. ユカタン より:

        大分ポカポカ陽気となってきました。平成も残りわずかですね…それでもタバコについては完全ではないと思います。喫煙者の吸って更に不要な吐いた煙や臭いを非喫煙者が変な意味で吸収してしまうということです。
        昔から吸う人より吸わない人が悪いみたいな話はありましたが、具体的にはわからないままでした。吸わないから大丈夫だのとデマがひろがっていました。
        思えば、自分が子供のころから辿ってみる受動喫煙としては、半端ではないと言えます。体調不良だと感じることも多々ありましたね!ハッキシと覚えてるのが、小学校三年生の頃は、まだ、父が家の中で喫煙していました。私も子供ながらにして「ドーナッツ型のを煙で作って」だのお願いしたのを覚えています。何にも知らぬ子供時代…そして体調不良をよく感じていたのをハッキリと覚えています。それは自衛隊のパレードに行ったときの事でした。催しで戦車に乗れるというのに参加して、いざ乗り込んだ時に痰が絡み息が吸えないぐらいに苦しくなったのを今でもハッキリと覚えています。それだけではありません。息切れが頻繁にあり、走るのがとても苦手でした。胸苦しいと感じるときもありました。そのように過ごしてきた日々です。それがきっかけに帰らぬ人にならなかっただけですが、私の中学時代に同級生の友人が二つばかり年上の姉がいました。何とその姉は中学入ってからずっとタバコを吸っていたそうです。ところが、姉が19歳になる前に子宮がんで僅か三ヶ月で亡くなってしまいました。1日一箱吸うなどと聞いていました。今考えても、とても自分を粗末にしておられたと考えます。若ければそれだけ煙草からのダメージを多く受けると言うのにね…本当、受動喫煙専用のデモでもあれば参加して街を練り歩きたいです。

      2. 受動喫煙撲滅機構 より:

        ユカタンさんへ

         工事関係者の路上喫煙には、工事の発注者がどこか調べて、苦情を言ってください。
         市区町村など自治体なら、善処してくれるでしょう。私も言ってやめさせたことがあります。
         工事発注者がビルの所有者など企業であっても、なんらかの対応はしてくれると思います。行政でない場合は特に、その苦情電話を録音しておいてください。(問い合わせフォームからの送信でも記録を残して)
         対応が悪ければ、それをこのサイトなどで公開することも考えられます。
         善処してくれた場合も、その評価と、再発防止のために掲載してもよいです。

        1. ユカタン より:

          受動喫煙撲滅機構様、貴重なアドバイスをありがとうございます!

          次にそのようになりましたら実行してみます。

          いつもお世話になってます。

            

    2. ユカタン より:

      私も前は、年に2回は山小屋に憧れてアルバイトに行きました。良い空気を夢に描いておりましたが、実際には違いました。行った先の北アルプスの山小屋のアルバイトですが、何とスタッフの九割も喫煙者でした。山小屋の中には出入口の中にお客さんが自由に喫煙する所がありました。更に管理室というか、スタッフが集まって話をしたりできる狭い空間の中もヘビースモーカーの集まりです。そこは必ず行かねばならない場所でもなく、ただただコミュニケーションとしては欠けるぐらいでした。責任者がヘビースモーカーでは、どうもならないです。更に、職場となる厨房での仕事の休憩の度に煙草をボカスカ吸う男性の姿もあり、これはダメだと見切りをつけることに決めた時でした。お客さんの食堂を見渡せる位置にありながらも食堂は禁煙です。食べ物扱いながらも喫煙者に任せているとは食欲がなくなりますよね!つまり、ずっと受動喫煙の環境から逃げるのも限度ありでした。しかし、二週間以内は辞めるなら罰金の決まりでしたので二週間以降に退職にしました。違う理由をつけてです。みんな、それなりに楽しい人たちでしたが、そこには、好ましくない喫煙者が居るという現実でした。せっかく三千メートル級の山小屋に行けたのに、またしても受動喫煙被害で退職だなんでね…それで辞めねばならない事が多過ぎです。

    3. ユカタン より:

      たった今日、禁煙の場所で受動喫煙の不快な思いをしました。そこは近くの哲学堂公園という東京都中野区にある良いところです。木なんかが多くて池もあります。過去は、喫煙者がわりと自由に吸えるような環境でありましたが、分煙にやっとなり、指定された場所以外は禁煙です。わかりやすいようにベンチに禁煙マークと吸える場所が記されています。ところが、それをしってかしらぬか、木に囲まれたテーブルと椅子のある何人も座れる囲まれたような造りの場所に二人の若いカップルが来ました。最初は、弁当を食べながら良い感じだったんですが、そのうち変な臭いがしてきたんです!正面に座っていたんですが、ちょうど柱があり見えにくくされてる造りの中、そーっと横にズレて確認すると案の定、加熱式の煙草を加えていました。いやー凄いおかしな臭いですね!肺に入り込み気持ち悪くなり、帰ることにしました。そこにも小さくですが、禁煙や説明を記す物があるのにです。それ一つでマナーが悪い印象になってしまいます。隣の彼女も吸わないのにくっついていて…ここはスタッフがよく巡回しております。それでも隠れるように吸う人を何人も見ました。 お客さんアンケートボックスみたいのもありますが、あまり期待できません。非喫煙者にとって本当に居場所のない世の中にはなってもらいたくない! 

    4. ユカタン より:

      そろそろカラオケに行きたい所ですが、もう行けませんと言うより、まだ行けません。なぜならば、そこにも受動喫煙が待つからです。ここ数年行くことがありませんが、お部屋を案内される際に灰皿はお使いですか?等と聞かれます。当然ながら吸わないのでいいえと答えます。そうやって何度となく、行くうち歌っている時なんかに何処からともなくボックスの部屋の中までぷわーっと煙草の悪臭がしてきます。それにプラス歌うとなれば喉の調子がおかしくなってきます。ドリンクやフード…受動喫煙の中で飲食しなければなりません。そーやって行くところ悩みの種となるので本当に楽しみさえ少なくなります。やっぱし、喫煙して良い適当な場所等ないのではないでしょうか!たとえ住まいだろうと他の人まで巻き込む以上は、禁煙であるべきです。

  6. パンダ より:

    受動喫煙防止条例ができたので、求人に禁煙などの記載の要望を厚労省のサイトから投稿させて頂きました。

    非喫煙者が入社後に喫煙や分煙により受動喫煙の被害を受けない為、退職しなくてはいけない状況を避ける為には必要な事だと思います。

    働き手が減少している現代です。
    病気になり働き手が減るのは痛手だと思います。
    タバコが廃止されない限り、ほとんどの企業が「勤務時間中の喫煙禁止」「喫煙者は不採用」になればいいなと思っています。

    非喫煙者や受動喫煙症、喘息、化学物質過敏症などの患者は世の中の一人一人の意識が変わるのを待っているのです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*