求人に、職場の“禁煙・分煙・喫煙可”が示されることになります

 企業や団体など事業所の求人募集に、禁煙かどうかを詳しく明示するようになるということです。

 受動喫煙対策、求人に明示義務 厚労省
  =『日本経済新聞』2019/3/27 15:44 =

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“現行では……人材を募集する際、賃金や労働時間などの労働条件を明示することが義務付けられている。今回は職場における受動喫煙の対策を追加する”

“「屋内禁煙」「喫煙可」「屋内原則禁煙(喫煙室あり)」といったルールを記載する。働く場所が複数にまたがる場合は、それぞれ明示する必要がある”

 職安などの求人で受動喫煙のない職場を探すのは、面倒がありました。それについては昨年の本サイトに私の体験を書いています。今回の報道内容を予測していた産業新聞の記事の引用の後にあります。

 職場の禁煙・受動喫煙対策はどう変わるか? 「改正健康増進法成立」を産業紙が解説 2018年8月31日

 なお、今年のMASH講演イベントは、職場の問題を扱います。

求人に、職場の“禁煙・分煙・喫煙可”が示されることになります” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    なかなか多くの非喫煙者がいても、投稿することさえ実行できない人も多い中、立派だと思います。職場が、それではどうもなりませんよね…10年前から考えれば大分変わってると願いたいところですが、私の働いていた北海道の世界遺産に登録された知床のホテルが大変でしたね!従業員が大半喫煙者なのです。お客の利用する飲食の所ぐらいが禁煙でしたが、宴会は別でした!タバコもくもくです。更に、社員食堂なんかも分煙なんかありませんでした。薄いドアが一応あって毎回臭いが流れまくりでした。総務課の課長でさえ超ヘビースモーカーでした。至る所にタバコの臭いがあり、お客様からのアンケートでもタバコの臭いが不快だとの声もありながら何にも改善はありません。なぜならば喫煙所の従業員しか居ないと言っても過言じゃない!朝の部署ごとの朝礼なんかも喫煙者は容赦なく吸っていました。つまり逃げ場が全くないのです。知床の環境としては素晴らしいのですが…あの銀行の中もタバコを吸えた環境にはびっくり仰天でしたよ!観光客だろうが、あれだけ空気の良い場所なのに、辺り構わずでしたね!仕事となれば私もタバコの事で神経がやられるぐらいきつかったです。ここは、何とか半年も居ましたが、嫌な思い出になりましたね

  2. パンダ より:

    受動喫煙防止条例ができたので、求人に禁煙などの記載の要望を厚労省のサイトから投稿させて頂きました。

    非喫煙者が入社後に喫煙や分煙により受動喫煙の被害を受けない為、退職しなくてはいけない状況を避ける為には必要な事だと思います。

    働き手が減少している現代です。
    病気になり働き手が減るのは痛手だと思います。
    タバコが廃止されない限り、ほとんどの企業が「勤務時間中の喫煙禁止」「喫煙者は不採用」になればいいなと思っています。

    非喫煙者や受動喫煙症、喘息、化学物質過敏症などの患者は世の中の一人一人の意識が変わるのを待っているのです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*