加熱式タバコも確実に受動喫煙があります~名ブログ紹介

 この問題について、タイトルも本文もとてもわかりやすい、良いブログがありましたので紹介します。

 加熱式、蒸気式など新型タバコって受動喫煙ないだろと思ってるなら「新型タバコの本当のリスク アイコス、グロー、プルーム・テックの科学」を読んでから
  =『BLOGOS』(永江一石氏)2019年04月15日 13:59=

 紹介されている本については、当サイトでも発刊当時に紹介しています。→ 加熱式タバコの問題を暴く本が出ました ~ 田淵貴大医師(大阪国際がんセンターがん対策センター)著 その続報→ 加熱式タバコは紙巻タバコと同様にダメ!~ 研究者・経済学者の対談

 以下、前述ブログのはじめの方、ごく一部の抜粋です。(「……」は文省略・太字化は引用者によります)

日本はなんと世界で初めて加熱式タバコを許可した。そのときには実に簡単に認可されてしまった。承認にあたってなんの論議もなかったそうだ”

受動喫煙はどうなるのか
問題はここです。……タバコ会社のPRをまともに受けて脳梗塞や心疾患で亡くなるのは、ある意味自業自得です。好きにしてくれとさえ思う。健康増進法の改正も別に喫煙を禁止するためではない

受動喫煙をなくすため

なのである。だからこうした規制を「喫煙は文化だ」「喫煙の自由を侵害するな」とガーガーいうのは、100%おかしい。喫煙は勝手にすればよいが、嫌がる他人や未成年者、子供に毒ガスを吸わせるな、というだけの話なのだ。それを文化に置き換えるのはめちゃくちゃ筋違いである。昔は立ちションしても平気だった。それを規制するのは放尿権の侵害にあたるというようなものだ”

 冒頭の、「【緊急警報!!】禁煙エリアにタバコ会社が新型タバコで攻め込んできてるのを防衛せよ」に関連しては、
当サイトでも、禁煙店に加熱式の営業が来たという店主からの情報を掲載しています。→2018年12月14日 「加熱式タバコOK」にすると3万円もらえますよ…?!

 なお、この永江氏は、これまでも受動喫煙問題について多くの良い論説を書いていらっしゃるので、それらもぜひお読みください。
 
 (以下写真は活動仲間のFBからお借り)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*