喫煙はマナーからルールへ「健康増進法の一部を改正する法律」について

 [本記事は、受動喫煙撲滅機構の関係団体による執筆です

「健康増進法の一部を改正する法律」に基づき、2020年4月1日より、いくつかの新しいルールが生まれます。

厚生労働省が、「なくそう! 望まない受動喫煙」 というサイトを公開し、わかりやすく解説しています。

4つの方針

1.屋内が原則禁煙

 多くの施設において屋内が原則禁煙になります。

認められる例外

原則室内禁煙ですが、事業の内容や経営規模によっては、喫煙室の設置が認められます。

2.20歳未満の立入禁止

 20歳未満の方は喫煙エリアへ立入禁止になります。

 

喫煙を目的としない場合でも、従業員であったとしても(業務でも)、未成年であれば、立ち入りは許されません。
20歳未満の方を喫煙エリアに立ち入らせた場合、施設の管理者は罰則の対象となります。

つまり、喫煙可能なお店では、高校生や未成年の学生などの雇用は、できなくなるということです。

3.喫煙室の設置

 屋内での喫煙には喫煙室の設置が必要になります。

[喫煙専用室]=いわゆる「喫煙室」です。飲食等の提供はできません。
[加熱式たばこ専用喫煙室]=加熱式タバコ専用で、紙巻きタバコは禁止の喫煙室です。飲食等の提供が可能です。
[喫煙目的室]=シガーバーや、タバコ販売店、公衆喫煙所などが該当します。
[喫煙可能室]=経過措置として、既存の小さな飲食店に限って設置が可能です。

4.標識掲示義務

 喫煙室には標識掲示が義務付けに

喫煙設備のあるすべての施設に標識の掲示が義務付けられます。
また、「指定された標識の掲示」が義務付けられていますので、注意しましょう。

標識の種類 – 施設内の各種喫煙室の標識

左から、「喫煙専用室」「加熱式たばこ専用喫煙室」「喫煙目的室」「喫煙可能室」を意味しています。

 

標識の種類 – 施設に喫煙室があることを示す各標識

上記のようなステッカーが、わかりやすい場所に掲示されていれば、その施設にはどのような喫煙設備があるのかが一目瞭然です。
目の高さに掲示されるそうですので、見つけやすいのではないでしょうか。
タバコの煙が流れて来てから「しまった!」と慌てることも少なくなりそうです。
タバコを吸う側のマナーでなく、一歩踏み込んだルールとして、明確に表記されていますので、誰もが、より快適に過ごせる場所が増えていきそうです。

非喫煙者は自由にお店を選べ、安心して過ごせるようになりますが、また喫煙者にとっても、周りの目を気にせずに喫煙ができる場所を選べる、といえるかもしれません。
受動喫煙に関する話題では、片方の立場を敵視する風潮がたびたび見られるようになりますが、どちらかの排除を訴えるだけでなく、非喫煙者・喫煙者、両者を視野に入れた受動喫煙対策が、当面受け入れられるのではないでしょうか。

これらのステッカーが社会に浸透していくことで、受動喫煙に対する意識がより広がっていくことを期待します。

全国統一けむい問模擬試験

「全国統一けむい問模擬試験」も公開されています。

https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/moshi/

スマートフォンからも閲覧することができますので、興味のある方はぜひ問題に挑戦してみてください。

ほとんどが簡単な問題ですが、模試の回答の形で明確にしており、「健康への悪影響はあるのか」「PM2.5は」など、ともすれば間違った知識を持っている人もある基本的な事柄もあります。 また各回答にはその根拠となる出典もリンクされていますので、全てを読めば勉強になると思います。

「健康への悪影響は、まだ明確ではないはずだ!」などと考えている方は、ぜひ一度挑戦してください。

喫煙はマナーからルールへ「健康増進法の一部を改正する法律」について” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    自転車煙草は、もしかしたら、防ぎようもないものかも知れない。
    気付かずに通りすがり、わっ!と思うときは、後の祭り! 背中を向けて走り去った後です。

  2. ユカタン より:

    マナーからルールへ。。。
    成分がヤバイ煙草には、処置すべき事しかならないと思う。

    私の地区の哲学堂通り沿いには、少し坂になる所に、公衆トイレがありますが、少し前までは、その前がタクシーの運転手のたまり場になり、煙草の臭いなどで酷かった!
    そのうち、あまりにも酷いものだから、トイレ入口付近から「路上喫煙禁止」と、ベタベタ貼付けられたのが現状です。
    あまり使われていないのか、わりと小綺麗にしているので、そこを通るときよく利用しますが、この前は入った途端、煙草の臭いがひどくしてきて、苦しくなりました!
    どうやら、男子トイレの中で喫煙していたのだと思います。

    タクシーには、何処だって喫煙してもよいだろうという人が、増えて来ているようだ。

  3. ユカタン より:

    なんか、いろいろ有りすぎて、ややこしくなります。
    最近なら立入禁止マークも、禁煙マークに似たような感じがすることもあります。
    貼りださねばわからない。でも、見慣れてしまい、またかーってなるだろう。
    日々の暮らしも、本当に受動喫煙場面が多数あります。

    歩道橋を上がったと思うと、そこで景色に浸りながら喫煙している人。あの場所は、吸いやすいような穴場になりやすいのでは。
    かと思いきや、歩道橋から階段下れば、道が狭く、横を通るスピード出す自転車が危ない。自転車煙草も目にしたときは、悪魔に思えました。
    車が通る場所なら煙草は良いという考えを持つ人。スマートフォンをやりながら煙草を手にして、危ない人。シャッター閉まってる場所を利用して、路上喫煙する人。
    商店街で不特定多数の人が通るのに、歩きたばこする人。
    建物の外の位置に隠れながら喫煙する人。コインランドリーの入口付近で喫煙する人。トランクルームの横で喫煙する人。
    煙草の吸いだめをしてから、禁煙飲食店にそそくさと入る人!
    自転車も中には入れてはならない公園に、自転車乗り上げて喫煙する男性は、ほぼ、挑発的でしたよ!
    毎日が、うんざりでなりません。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*