“風呂屋の中(屋内)に灰皿! 受動喫煙被害発生” で保健所へ申し入れ、回答がありました

 以前にお知らせしました、世田谷区の銭湯の屋内での喫煙可・受動喫煙被害への、渡辺文学当機構理事による受動喫煙撲滅活動の、続報です。

 →2019年3月15日 銭湯の中に灰皿!? お風呂あがりの受動喫煙~洗った体がタバコ臭くなった…

 渡辺理事がその後4月に区の保健所に申し入れをしたところ、5月末に回答があったとのことで、公開します。(画像はクリックで拡大します。左上には理事の住所がありましたのでそこだけ消しています)

 以下抜粋です。「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“世田谷保健所長 辻 佳

増穂湯のロビーから灰皿撤去の要望書について(回答)

……区でも、法や都条例に則り、受動喫煙による健康影響を受けやすい未成年者や妊産婦、患者や従業員等に配慮することが重要であると考え、喫煙する人としない人、双方が知識と理解を深め、お互いに相手を思いやつて行動できるよう、周知・啓発の準備を進めております

 増穂湯のロビーにつきましては、ご指摘のとおり、現在も灰皿が置かれておりましたので……「施設管理者は……受動喫煙を生じさせることがないよう周囲の状況に配慮しなければならないこと」や、「公衆浴場は、法や都条例における施設類型では『第二種施設』に位置づけられるので、令和2年4月1日以降も改善されない場合には、法や都条例に基づく指導等が行われること」などを丁寧にご説明いたしましたが、灰皿の撤去に関する明確なお答えをいただけていない状況です。

 区といたしましては、引き続きあらゆる機会を捉え、増穂湯に対して粘り強く受動喫煙防止の対策を講ずるよう求めてまいります。

 何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

担当:世田谷保健所健康企画課 増田・日永田
電話:03-5432-2354

 自治体にしては、いちおう前向きな回答のようですが、“来年の4月1日までに”とは、ずいぶん悠長ですね? 改正法に従うだけではないですか。
 

増穂湯のあいかわらずの灰皿(渡辺理事撮影)。

 なお、渡辺理事は数年前から申し入れをしており、以前に区の担当者がこの増穂湯に“指導”に行ったことがあるそうですが、なんと“塩をまかれた”、とのことでした。

 この話を理事が「無煙社会をめざす会」定例会で話したところ、「公務執行妨害では?」との声が上がり、同席していた弁護士からは「塩をまく行為は暴行罪にあたるとの判例が出たことがある」とのことでした。

 今後どうなるか、なにかあればお知らせします。

 この銭湯の情報→増穂湯(ますほゆ)せたがや銭湯ガイド
 こちらのサイトの写真には、灰皿が写っています。→東京銭湯-TOKYO SENTO- (下の小さい写真上の左から4つ目。ポイントすると上の大きな画面がそれに移ります)

“風呂屋の中(屋内)に灰皿! 受動喫煙被害発生” で保健所へ申し入れ、回答がありました”に2件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    国や公共に携わる仕事をしている所は、どこも同じような回答なんですね。
    「努力する」やら、遠い先が見えない表し方なんですよ。
    このように答えるように、等と決まり切ったような言い方です。
    私自身の経験でも、役所関係には同じように回答され、その場しのぎみたいに感じました。
    言葉であれば誰にでも口にできますが、やはり自治体なんかは、信用性がある行動力で示していただきたいものです。

  2. ユカタン より:

    塩を撒くなどは、力士の戦いの場と身を浄める時ぐらいでしょう!何たる無礼者だろうか?
    ましてや、公衆浴場でありながら灰皿、当たり前の禁煙指導をされただけで!
    まさか、昭和からの「風呂屋にタバコ」を、生ビールやコーヒー牛乳みたいにいっしょくたにしているのでしょうか?
    身体を清潔に保ち、なおかつリラックスできる場所なのに、そこで喫煙できる事が間違いのもとなんです!
    本当に、大変な出来事でしたね。そのような反する行為をした人は残念でならない!

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*