猫と受動喫煙

 “愛猫家”にはショッキングなニュースです。

 猫にタバコは影響する?猫への悪影響がどれくらいか調べてみた!
  =『mofmo』2019/03/20=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“なんと煙草の煙を吸う猫はリンパ腫の発生率が高まるようです。
どれくらいかと言うと、家族の中にタバコを吸う方がおられる家庭の猫は、家族のだれもがタバコを吸わない家庭の猫に比べ2.4倍リンパ腫にかかる可能性があるようです”

“リンパ腫だけでなく煙草による猫の被害は総合的に挙げてみるならば、心臓循環器系、呼吸器系、皮膚系、アレルギー、目の炎症、喘息、そして癌など様々な害となる原因に繋がると考えられています”

“煙草の煙は空気よりも重いのです。そのため煙はお部屋の足元つまり下の方に、床に落ちていきます。……つまり有害物質の集積地である床で猫は過ごしているんです。……それだけではありません。……タバコを吸った後、猫を抱っこして息を吹きかけてしまうとどうなるでしょうか……近距離ですから猫は避けようもありませんし、そもそも危険に気づくこともありませんよね、猫は、、”

“猫は毛をなめるグルーミングと呼ばれる行為を行います。このグルーミングによっても、煙草の有害物質の影響を受ける可能性が高まるんです……猫はその煙を吸うだけでなく体全体で浴び……被毛や皮膚に有害物質が付着……その有害物質を体内に取り入れ、癌になる可能性を高めることさえあるんです”

“煙を吸ったために鼻や目などの粘膜部分が刺激を受けて、炎症を起こすことさえあります”

“猫の嗅覚は人間の数倍もするので、人間がたとえ気が付かなかったとしても、猫はタバコのにおいで体調を崩したり、食欲がなくなってしまうことさえ、実はあるのです……とはいっても煙が害になることを猫は知らないわけですから平気で吸いこんでしまうことでしょう”

“猫の内臓は人間の数分の一しかありません……人間にとっては小量の有害物質でも猫が体内に吸収すれば、大問題に発展することになる”

 さらに、猫がタバコを飲み込んでしまう危険性も。

“煙草の臭いは基本的に猫の嫌いな臭いのはずです。それでも猫が食べてしまうのには実は理由が……煙草の種類の中にはメンソール入りの……ものもあります。……猫はこのメンソールのニオイを嗅ぐと興奮してしまいます。
それはマタタビと同じ効果を表すとされています”

 そして、屋外でも、“ポイ捨て”が、猫には危険との指摘が。

“よくポイ捨てする人たちがいますが、もし雨が降って水たまりができてそこに投げ捨てられると煙草は溶け出します。
そしてその水たまりはニコチンを多く含んだ水となってしまうのです。
もしその水を猫が飲んでしまったらどうなるでしょうか。
当然中毒を引き起こすでしょう。
しかも液体を舐めてしまうと煙草を直接食べてしまうよりも体内への吸収率は高まってしまいます
すぐにおう吐や震え、興奮状態といった中毒症状を起こしてしまうでしょう”

 タバコの添加物にも言及しています。

“……ニコチンだけを例にとって中毒について考えてみました。しかし煙草にはそれだけではない危険物質がたくさん含まれていることをご存じでしょうか。
それは煙草のうまみを出すために用いられている化学物質です。
いわゆる添加物ですね。
香料や保存剤、加工除剤、保湿剤、燃焼剤など何十種類ものありとあらゆる添加物で出来ているといっても過言ではありません。
これらの添加物を直摂取すれば一体どんなことになるのか想像に難くありませんよね”

 ニコチンやタールや一酸化炭素などは知られていても、食品同様いやそれ以上にタバコにも添加物が多く入っていることは、一般にはあまり知られていません。筆者はかなり研究されているようです。
 以下にも続きます。

“またタバコ栽培には農薬も沢山用いられています。
これらの農薬も危険物質ですので食べるのは厳禁です。
最近では無農薬を銘打った煙草も出てきていますし無添加煙草も存在しています。
ですからちょっとは安心できる、などと思えるかもしれませんがニコチンは確かに入っていますので、変わらずどのたばこでも危険度は変わらないでしょう”

“猫のことを思っているなら禁煙するしかないでしょう!……猫もきっと喜んでくれるにちがいありませんよ”

 ところで、さいごの[まとめ]には、
「タバコ愛好家の方には心が痛む内容だったかもしれませんね。ごめんなさい」
 とありますが、ごめんなさいではなく、良い情報ではないでしょうか。

 そういえば、投書か何かで、猫を飼う喫煙女性が卒煙したら、猫がいっしょに布団に入ってくれるようになった、という話を読んだことがあります。
 猫は、あんがいわかっているのかもしれません。

 もちろんこれらは、すべて人間、小さい子にも当てはまりますね。

 動物関連→ツバメの受動喫煙

猫と受動喫煙”に2件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    周辺には野良猫たちが数多く暮らしております。
    その猫の行き来する道路には毎日のように誰かしらタバコの吸い殻をポイ捨てします。
    ポイ捨てのタバコからも、かなりの悪影響があるでしょう。
    風向きや風の強さでタバコの吸い殻の行方も悲惨なことになりかねません。
    タバコを吸って火のついたまんま投げ捨てる最悪な人もいる。
    さらに悪意で、タバコで生き物がどうなるかなんてやるような人間もいるぐらいです。

  2. ユカタン より:

    実に貴重な話です。ふと、実家で可愛がられている猫を思い出しました。
    でも、違うのが喫煙者は居ないという事です。
    昔、近所には、本当に猫好きで飼われている方がおりました。
    しかし、その飼い主がヘビースモーカー。
    そこの猫は外に出ている時間が多かったみたいです。
    そんなタバコ煙害のある家なんかに居られないという表れかと感じました。
    考えてみても、このようにタバコで沢山の生き物への被害をつくる人間は、罪です。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*