“受動喫煙が多い北海道” 旅行には注意を=観光サイトが呼びかけ

 北海道が喫煙率が高い、禁煙店が少ない、ということは、禁煙運動をしている人や旅行に行った人のあいだではむかしからよく言われていることですが、
なんと札幌の観光サイトで、“注意”を呼びかける欄が出ました。

 札幌は喫煙天国・北海道は喫煙率第1位。タバコ嫌いな人は事前に行くお店の確認を
  =『札幌&大通公園 情報ガイド SAPO☆CAN』2019.03.14=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“北海道人口の3分の1以上の人口がいる札幌市も当然喫煙率が高くなっています。
……飲食店に入ると普通にタバコの匂いが漂ってくるのは当たり前で、札幌市の中心部にある大通公園で子供たちが遊ぶ場所でも普通にベンチでタバコを吸っている人の姿は数多く見かけます”

“外で身勝手に吸う人まで気にしていたら札幌では嫌な思いばかりしてしまうので、いけないことですが諦めるしか無いというのが実情です”

“春になって雪が溶けてくると出てくる出てくる煙草の吸殻。
雪解けで出てくるものの代表としてタバコの吸い殻が札幌の風物時にもなっているとのこと”

“札幌駅から大通公園は喫煙禁止エリアにも関わらず船橋法典駅付近よりも歩行喫煙をしている人が多く、学生風の若い人でも普通に歩行喫煙をしている人の姿を見かけます。
大通公園を天気の良い日に1周したら2~3人はベンチに座りタバコを吸う人を見かけます。
競馬場のある街よりも喫煙する人が多い札幌の中心部、政令指定都市とは思えない状況です”

“さっぽろテレビ塔の地下でも販売されている「花園だんご」は札幌を代表する人気の和菓子……本店である狸小路にある新倉屋の喫茶コーナーは全席喫煙可
……最近は分煙や禁煙のお店が増えてきていますが、それでもまだ全席喫煙可のお店が多い札幌、すすきのでは禁煙の居酒屋を探す方が難しい状況です”

“札幌はまだ喫煙に対する意識が非常に低い地域です。

外で喫煙者にばったりあってしまって注意しても喧嘩になるだけですので旅行中は嫌だと思いますが、相手にしないことも心がけた方が良いでしょう。

札幌市は禁煙エリアでの喫煙者をまともに取り締まるつもりもありませんから。

「すすきの」なんて全部路上喫煙がOKですからね。

取締を少しはしているぞっということを見せるパフォーマンスのために札幌駅前でたまに行っているくらいです。”

 しかし、「中国人はどこでもいつでも遠慮なくタバコを吸います。そして火のついたまま投げ捨てます」って、本当でしょうかね?
 中国の喫煙率が世界一とよくいわれますが、少なくとも私が見る範囲では(横浜では中華街もあり中国人も多いのですが)、外国系の人の歩行喫煙や店頭などでの喫煙は、白人ばかり見かけます。

 なお、札幌市もいちおう禁煙推奨に取り組んでいるようで、施設の紹介をしています。
 札幌市サイト 禁煙・完全分煙施設
 少し下の「区で調べる」で区を選んでクリックすると、お店などが現れます。

 

 『禁煙スタイル』などの飲食店サイトも役に立ちますよ。→当サイトのまとめページ
 (しかし、北海道全体でこれだけしか登録がないのですね……)

『STOP受動喫煙 新聞』季刊・年1200円
さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

“受動喫煙が多い北海道” 旅行には注意を=観光サイトが呼びかけ”に4件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    『北海道新聞』’19年10月14日より。

    【国会に喫煙『特権』スペース80ヶ所。愛煙家議員ら圧力、規制が骨抜き】
    ≪受動喫煙防止で『議決機関』は対象外。
    (写真)衆院本会議場入り口横の分煙機、本会議を抜け出して「一服」する議員もいる。

    受動喫煙防止の流れが強まるなか、北海道議会への自民党会派が、
    新庁舎への喫煙所設置を決めたように、国会内でも喫煙は認められたままだ。
    国会が昨年行政機関を屋内全面禁煙とする改正健康増進法を制定する際、
    愛煙家の議員らの反発を受け、
    地方議会を含む『議決機関』を対象外としたからだ。
    専門家らは、「国権の最高機関」である国会こそ、議員特権に甘えず、受動喫煙防止の先頭に立つべきだと訴える。≫

    北海道出身の一個人として、呆れ果てました。

  2. ユカタン より:

    私が北海道にいた頃は、銀行のなかにまで灰皿があり、唖然としたことがありました。
    その頃、知床が世界遺産に登録されたばかりのときでした。
    給料の関係で町の口座をつくらねばならなかったので行った、唯一の小さな銀行に入るなり、タバコの悪臭が酷いのがすぐわかりました。
    手続きが終了したあと、窓口の人に、
    「いまどき、世界遺産になっても、銀行のなかは、タバコを吸えるんですね?」
    と言いました。
    知床のウトロでした。

  3. ユカタン より:

    先にもコメントしましたが、北海道出身の私としては、どこか禁煙のお店があったかな、と考えましたが、それは珍しいぐらいでした。
    名物であるラーメン屋に入れど、どこの店でも、席に座るなりお冷やといっしょに灰皿を出されたり、タバコを吸われますかと店員にきかれたりでした。 
    美味しいラーメン屋さんはいくらでもあるのに、喫煙できる店ばかりというのが残念でした。
    隣で喫煙されれば、ラーメンの味もおかしくなり、タバコの灰や吸い殻がラーメンに入り込みそうな気がしました。
    ゲーセンなどはもくもくとタバコ煙害まみれで、図書館とかでも喫煙できる場所がありました。
    JRの駅構内に喫煙所が改札出た電車を待つスペースにまでありました。

    北海道は、喫煙者に優しい環境で、非喫煙者には、苦しい環境でした。

  4. ユカタン より:

    いまは東京住まいですが、北海道で生まれ育った私としては、この記事は、恥ずかしいやら、残念やらと複雑な気持ちです。
    約10年前まで北海道に住んでおりましたが、確かに、どこでも喫煙者がおりました。

    近所のセブンイレブンの外に灰皿があり、吸いながら店内に入り、買い物する連れを待つような喫煙者の姿もざらにありました。
    開いた口がふさがらないような喫煙シーンが日常的だったので、この記事は、やっぱりかと、納得です。
    IONデパートにしても、何とか分煙だのと、店内に喫煙所を設置しましたが、タバコ煙害が漂いまくりです。
    屋根あり密閉されてのドアがありでも、まったく、受動喫煙防止にならないのが現実です。
    デパートの中で吸えば、喫煙者の行動次第で、たくさんの第三次喫煙被害にも遭う人が出てきます。
    本当に怖いことです。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*