「World No-Tobacco Day」は“世界禁煙デー”? “禁煙の日”でよいか?

 本日5月31日は、WHOこと「世界保健機関」が定めた、
World No-Tobacco Day(ワールド・ノー・タバコ・デイ)」 です。
 このサイトを熱心に見るような方々なら、とうにご存じなことでしょう。

WHOのマーク

 ところで、この「WNTD」、日本では
世界禁煙デー」との訳語で、一般化しています。
Wikipedia
コトバンク
世界禁煙デーはなぜ、5月31日なのですか?(禁煙センセイ.com)
厚労省

 日本では毎年この前後に、各地の禁煙活動団体による取り組みが行われていることは、
このニュース欄でもお知らせしましたが、( 5/14 5/22 )

 それらはさておき、ここではこの
「禁煙デー」という語について、考えてみたいとおもいます。

 長年タバコ・受動喫煙撲滅の活動に参加しているなか、あるベテラン大先輩の方から、
以下の提言を聞きました。

「“禁煙”の日、という訳語は、おかしい」

 ? どういうことだろうと、興味を持って続きを聞きますと……、

世界を『ノー・タバコ』にする日、というのがWHOの考えのはず。
単なる“禁煙の日”で済ますものでは、ないのでは」

 とのことでした。

 なるほど……!
 「禁煙」と訳すのがふつうではあるでしょうが、
 本来、そういう意味でしょう。きっと。

 もともと、“タバコ・喫煙の撲滅”ではなく、
受動喫煙という被害の撲滅を中心に考える私も、「受動喫煙撲滅機構」も、
ふだん「禁煙」の語が使われるような場合でも、
卒煙」と「喫煙禁止場所」などと言い分けたりなど、
注意していたものです。

 「禁煙の日」については、それまでなにも考えずにいましたが、
それを聞いてから、意識してしまいまして、5/31のことを書くときは、
「World No-Tobacco Day」を先に書いて、「世界禁煙デー」という語は、カッコして使うとか、
あえて書かないとか、になりました。

 そろそろ、「受動喫煙撲滅の日」も、制定したいところですね。

WNTD2018 ポスター

STOP受動喫煙新聞
「受動喫煙をなくすべき」という考え方は、すでに全世界に広がっており、世界保健機関(WHO)が2001年に可決・2005年に発効した国際条約「タバコ規制 枠組み条約」(FCTC)では100%タバコ被害のない社会をめざして、喫煙規制の法や条例の制定を、世界各国に促しています。
[購読申し込み]

「World No-Tobacco Day」は“世界禁煙デー”? “禁煙の日”でよいか?” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    「世界禁煙デー」とは、確かに、その日だけ禁煙するって言う話ではないですよね。
    年がら年中何かしらあるイベントのような、正月やクリスマス程度にしか考えない人もあれば、深刻に受け止める人も、でしょうか。
    非喫煙者としては、禁煙になれば良いとなりますが、喫煙者で中毒症みたいな人間には、蓋をしたい日かもわかりませんね。
    例えば、まいつき語呂合わせみたいな何々日がありますが、そのような受け止め方としている人も多いかも知れません。
    もっともっと、悪いことを証明して行くことが禁煙の近道なのか、または、人それぞれの考え方なのかですね。
    禁煙も、どんな禁煙かなどと考えたら難しいものですね~。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*