本日5月31日は、WHOこと「世界保健機関」が定めた、
World No-Tobacco Day(ワールド・ノー・タバコ・デイ)」 です。
 このサイトを熱心に見るような方々なら、とうにご存じなことでしょう。

WHOのマーク

 ところで、この「WNTD」、日本では
世界禁煙デー」との訳語で、一般化しています。
Wikipedia
コトバンク
世界禁煙デーはなぜ、5月31日なのですか?(禁煙センセイ.com)
厚労省

 日本では毎年この前後に、各地の禁煙活動団体による取り組みが行われていることは、
このニュース欄でもお知らせしましたが、( 5/14 5/22 )

 それらはさておき、ここではこの
「禁煙デー」という語について、考えてみたいとおもいます。

 長年タバコ・受動喫煙撲滅の活動に参加しているなか、あるベテラン大先輩の方から、
以下の提言を聞きました。

「“禁煙”の日、という訳語は、おかしい」

 ? どういうことだろうと、興味を持って続きを聞きますと……、

世界を『ノー・タバコ』にする日、というのがWHOの考えのはず。
単なる“禁煙の日”で済ますものでは、ないのでは」

 とのことでした。

 なるほど……!
 「禁煙」と訳すのがふつうではあるでしょうが、
 本来、そういう意味でしょう。きっと。

 もともと、“タバコ・喫煙の撲滅”ではなく、
受動喫煙という被害の撲滅を中心に考える私も、「受動喫煙撲滅機構」も、
ふだん「禁煙」の語が使われるような場合でも、
卒煙」と「喫煙禁止場所」などと言い分けたりなど、
注意していたものです。

 「禁煙の日」については、それまでなにも考えずにいましたが、
それを聞いてから、意識してしまいまして、5/31のことを書くときは、
「World No-Tobacco Day」を先に書いて、「世界禁煙デー」という語は、カッコして使うとか、
あえて書かないとか、になりました。

 そろそろ、「受動喫煙撲滅の日」も、制定したいところですね。

WNTD2018 ポスター