当サイトや当機構への問い合わせやコメントには、

「受動喫煙に遭い続けていたら、体調が悪くなった」
「タバコの煙で、セキや涙、めまい、頭痛などの症状が出るようになった」
「(今は大丈夫だが)このまま受動喫煙をあび続けて、影響はないか」

……といった声が、よく寄せられています。

そこで、そんな不安を持つ方のために、受動喫煙撲滅機構では、
医師による受動喫煙オンライン相談」(無料) を、開始しました。

質問の方は、以下の[医師による受動喫煙オンライン相談]をクリックしてください。

 お答えいただくお医者さんは、長年にわたって受動喫煙撲滅・禁煙の活動に携われ、
当機構や『STOP受動喫煙 新聞』もごひいきにしていただいている、
大橋勝英先生です。

先生は、「日本禁煙学会」認定の受動喫煙症診断医でもあります。

関連 → 「日本禁煙学会」 受動喫煙症の診断可能な医療機関
当コラム 「受動喫煙症」知っていますか?(受動喫煙による病気・症状)

☆先生にはご多忙の中、ご協力いただくことになりました。
ほかにもご協力いただける医師・医療関係の方を募集しています。

お悩みの質問と先生からの回答は、内容によって、当サイトにて公開します。

≪おねがい・ご注意≫
ご質問は、状態や受動喫煙の状況など、具体的な記載をお願いします。(よくわからない投稿や、具体性のない質問にはお答えしない場合があります)
受動喫煙による健康被害以外の相談はお受けできません。
回答をサイトで公開する場合は、お名前と質問内容の要約も公開しますが、その他の個人情報や個人を特定できる質問内容は公開いたしません。

タバコの煙は、人体に深刻な影響を及ぼします。
「今まで平気」と思っていた人が、ある日突然、受動喫煙症やアレルギーや不整脈などを発症するようになって、元に戻らなくなった、という話も、よく聞きます。

一日も早く受動喫煙を避ける行動を、同時に、専門医の診断を受けることをおすすめします。