受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

ユカタン より:

駅前に数多くある、囲いがあっても受動喫煙対策にはならない喫煙所、風向きや風の強さで、喫煙所からのタバコ煙害がそっくり剥がされるように漂ってくることも多々あります。
喫煙所があっても受動喫煙になる。
喫煙所がなければもっと路上喫煙が増える。 
しかし、喫煙所があるから、それをあてにして喫煙が増え、それで受動喫煙も増え、また近辺の路上タバコも多くなっています。  
受動喫煙にならぬようにあちらを片付けても、こちらでは無神経な喫煙者がいたりします。
なんだかモグラたたきのような日々に思えます。

ユカタン より:

禁煙の場所まで、わざわざやってきて、
タバコを吸うなんて行為は、
すみませんでは済まされません!
受動喫煙を回避したくて、困っているわたしなんかは、
すこしでも空気のよい場所を選んで、書き物などをやりに、
禁煙の公園に来ているのに、
タバコを吸いたいだけの喫煙者は、なんにも悪いとも感じないのですね?
あたりいちめん禁煙ですよ!
わたしはこういった喫煙者ばかり、あまりにも違反者ばかりを目撃しているので、
呆れるやら、怒りやら、許せない気持ちばかりです。
一服のたびに、わたしは喫煙者からの、吸いたくもないタバコ煙害を吸わされているのです。
今日も肺が苦しく、体調不良になりました。

大川 より:

コンビニだけではなく。。。
色んな業界でも売り上げが下がってる見たいです。(ゲームセンタ、飲食店、などなど)

タバコが吸えないなら、家で飲んだ食べたりの方いいと言う客の判断でしょう。

正直言いますが、日本はすぐ規制をかける文化があります。(花火、ユッケ、公園でのボール遊び、ゲーム、アニメ、などなど) 少しは経済的な事も考えてくれた方が助かります。何もかも規制をかければいいとは思いません。

ユカタン より:

経済のために、健康を害する喫煙を野放しにされては困ります。
いまの段階でも、まだまだ、受動喫煙がなくならず、受動喫煙になる場所では、ほんとうに、ひどいものです。
「日本は規制をすぐにかける」という前に、
ひと一人一人が、守るべきことをしない、
“決まりがなければ、やってよい”などと判断するところがあります。
タバコは、ながらく、野放しにされてきたせいか、どこでも吸うひとが、いまだに多数見受けられます。
いくら、規制しても、法でかためても、
“守るひとは守るが、守らないひとは守らない”
というのが現状です。
むかしは云々というのは、それだけ日本が、はちゃめちゃだったのだといえます。
自転車の乗り方にしても、多数のにんげんが命を落とさないとわからない。
命を落としてもまだまだ甘い。
なんでも、禁止の貼紙などもありますが、たいして守られていないと思います。
どうしてそうなっているか。。。
それはいまの日本の政治家の姿でもあるとおもいます。

ユカタン より:

こうやって、受動喫煙が原因で死んでいくのかなあと考えてしまった日もあります。
出かけようとした矢先に、とつぜん、立ちくらみにめまいと吐き気がして、急きょ、それが引くまで出かけず休んだことがあります。
まるで、熱中症の症状みたいでした。
毎日、蓄積されていく受動喫煙は、とてもじゃない、堪えがたいものです。
毎日、デトックスになるようなこともやっているのですが、
タバコ煙害というものは、ひとを何から何までダメにするものでしょうか。
今年は、どれだけのひとが、受動喫煙が原因で死んでいるんだろう。
はっきりした正確なデータなんか、あってないようなものでしょう。
タバコが原因と本人は思っていて具合を悪くしていたとしても、その方が死んだら、死因を他の原因にされた、などもあります。
受動喫煙を回避したいひとは、人間関係などと考える前に、まず自身の健康面を心配するべきです。
喫煙者と話すのも、自分にとっては、マイナスにしかなりませんでした。

ユカタン より:

「受動喫煙の生じる環境での喫煙をやめましょう」という言葉なら、
喫煙者も感情的にならずに、それに従うと思います。
しかし、喫煙所でタバコを吸っていても、受動喫煙は生じています。
さらに残留喫煙まで考えると、ほんとうに対策は大変だとおもいます。

ユカタン より:

ときには、“受動喫煙など、被害者が悪い”などということになります(されます)。 
喫煙者は、タバコを吸いたいから吸う。
近くにいるから悪いのだ、という思考です。
しかし、自室にいるのに、タバコ煙を吸い込むことなどは、悪いもなにもないといえます。
受動喫煙で困っていると訴えても、“仕方ない”というような話もあります。
喫煙の自由を主張するのは、自由です。
しかし、吸いたくもない非喫煙者を巻き込んでまで、喫煙を継続する自由も権利もないといいたいです。
いまでは、他人からの迷惑行為は、受動喫煙がダントツだといえます。
至る所を汚されて、体調不良にまでさせられ、挙げ句の果てには、受動喫煙症状との闘いの日々なんですから。
また、自宅での喫煙は自分でタバコの吸い殻は処理するとしても、歩きタバコのポイ捨ては、あとあと、拾い集める余計な仕事をしているひとの立場も考えてみてください。
街を汚してまで喫煙が大切ですか?
路上のあちらこちらで、立ち止まり、喫煙しながら騒ぎ立て、
嘲笑いをするかのような光景をしょっちゅうみますから。

ユカタン より:

自治体は、受動喫煙について、
いちおうは取り組んでいるのでしょうが、
個人的には、それがあまりつたわってこない気がします。
公共施設などでは、時代の流れで、禁煙にされてはいます。
しかし、住環境については、かなり、受動喫煙が苦しい、つらい、
なんとかしてもらいたいもので、これも訴えているのですが、
ことごとく、マニュアル通りに跳ね返されております。
それはもう、「区役所ではどうにもできません」と、言われているのと同じです。
受動喫煙の被害者として、今日明日にでも死ぬかもしれない、気がすることがあるのですが。

ユカタン より:

受動喫煙でもっとも臭いが残るなあとおもうところは、髪の毛です。  
臭くて臭くて、洗い流しても、さっぱりしない。
髪の毛は、静電気で臭いを吸収するというものなんですね。
いずれにしろ、迷惑でしかありません。
喫煙者は、喫煙の自由を主張するまえに、
受動喫煙被害になるひとたちが、どれだけ負担になるものかを知るべきです。

ユカタン より:

この消臭剤については、まだまだ、多くのひとが、タバコなどの悪臭が、これらをつかうことで消えると思われているようですが、このサイトであらためて、やはり、タバコの煙害に上塗りするだけだと思いました。
タバコを吸ったあとに、シューッと、消臭にならないスプレーをふりかけるひとがおりますが、その市販の、化学物質が混入したスプレーの成分も知っておくべきだと思います。
わたしは、化学物質過敏症でもあるので、香料などの化学薬品は、いっさい省くようにしております。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。