受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

ユカタン より:

全面禁煙の店を見つけても、喜ぶのは早いと思うようになりました。
なぜなら、喫煙者がタバコを店の外で吸ってから入ってくることがあるからです。
これを食い止めなければ、禁煙店も安心して利用することが出来ません。
どれだけ、受動喫煙を回避し、禁煙の箇所を目指しても、
完全な受動喫煙対策にならず、わたしはいつも、嫌な思いをしてます。
いつも、どこからともなく、タバコ煙害の臭いが漂ってきています。

ユカタン より:

違反者喫煙の動画や写真は、決定的瞬間の証拠になりますよね。
なかには、、加熱式タバコ・電子タバコなら、禁煙箇所で吸うのは大丈夫だというたちの悪い考えをする方も存在します。
新型タバコは、証拠隠滅のように、なかったことにさせられるのも、困る話です。
黙っとけば、知らないふり?みたいに、増えて行くのではないかと警戒心があります。
通報の他に、大音量ベルみたいなので、ここで吸うと騒ぎになると、しっかりと違反喫煙を認識させる義務があるといえます。

ユカタン より:

近所のセブンイレブンでは、とっくの昔に灰皿を撤去して、禁煙とも出入口に貼りだしているのに、
作業員服の男性達が、店頭でしゃがんで路上喫煙をしていました。
ここのところ、続いて見かけるので、呆れてしまいます。
心の中では、注意してしまいそうな気持がいつも発生します。
しかしこのタイプの人間に注意したところで、逆恨みするような輩だろうと、わかっているのでしないでいます。
他のセブンイレブン、店の敷地は禁煙とされているところでも、少し離れたところの車が停まれる場所を利用しての喫煙には参ります。
こういう人たちは、いつまでそんな喫煙をされるつもりでしょうか。
職業別で喫煙率が高い分類に入るようですが、だからといって、いつまでも、やらせ放題は、けじめもなく、見苦しいです。

ユカタン より:

年末に向けて、ベランダ周辺を拭いていたところ、タバコの臭いがしてきました。
それは、ベランダの床を拭いた布巾からの臭いでした。
さらに、外につながるエアコンの室外機も臭いです。
相当なタバコ煙害がたまっていたのか、ベランダに漂ってくるほどの臭いがあり、ちょっと驚きました。
喫煙者住民には、数多くのタバコ煙害と受動喫煙で苦しくさせられています。

ユカタン より:

部屋に居ながらに、ガッチリと毎日、受動喫煙にさせられています。
冬は、より空っ風となり、喫煙者住民からのタバコ煙害で、すごく、喉もかわきやすくなります。体内から余計に水分が奪われているのが、ハッキリとわかります。
これが、喫煙の自由でしょうか。
嗜好品とは、他人に害を与えてまで、することではないと思えます。
心身ともに、負担が大きい今の暮らしにピリオドを打ちたいです。

非喫煙者より より:

弊社も約8割が喫煙者です。分煙室を作ったのに多勢で扉を堂々と開けて吸うため、外に漏れた煙で作業着などに匂いが付きます。特に仕事用のマスクに付着する煙の匂いはひどく不快です。他の方も書いておられますが、時代の流れやルールに付いていけない喫煙者が多いということです。受動喫煙法が施行されることにも関心がない、喫煙者が会社の多数派なので有利だと勘違いされてる方が多いです。田舎ですと車社会なので密閉された空間で喫煙してる人は衣類や体臭までもが匂います。
煙だけでなく匂いの方のルールも定めて欲しいと思います。都会と田舎では喫煙の感覚とマナーが差があります。

ユカタン より:

さいきん、考えたんですが、
禁煙マークより、「喫煙できるマーク」の方が、わかりやすく、逆転しているのでは、ないでしょうか。
ふつうの禁煙マークの、赤丸バツ印は、幅広く注意書きにも使われており、強調するという点では、だいぶ、薄れているのではないかと思います。
ここは禁煙かと思いきや、そうでなくて携帯禁止の表示だったりとか、どの注意なのか、すぐにはわからないときがあります。
これらを今後、他の注意書きと似たようなものにならないように、どのように改善していくかが重要だとおもえます。
たとえば、丸のまわりに、さらにギザギザで囲いを入れるなど、他の注意書きでは使われないものにして、禁煙マーク専用のデザインをつくるべきではないでしょうか。

受動喫煙撲滅機構 より:

ユカタンさん
 偶然にも、ちょうど現在、機構のオリジナルの、禁煙マーク、というより“受動喫煙のない場所”マークを作ろうと、デザイナーと詰めているところです! (あまりのタイミング投稿に驚きました)

 私たちが作成を考えたのは、そのように、
従来の禁煙マークが、ありふれていること、そして、
「喫煙の禁止」だけで、喫煙排除の印象であること、
実際には「受動喫煙のない場所」の意味ではないこと、
そのため三次喫煙の問題は無視されていること、
また、受動喫煙症は化学物質症と同列であるので、いわゆる“香害”への対応も入れてみたいこと、
といったことから、“空気汚染がないよう配慮している場所”をあらわすものにしたいと、思ったからです。
 何点かのデザインを、できしだい順にサイトや『STOP受動喫煙 新聞』で公開したいと作成中ですので、ご期待ください。
 ご意見や、デザイン自主投稿も受け付けています。

ユカタン より:

たとえ、タバコの吸えない場所でも、
そこに、喫煙したばかりの人が入ってくることで、受動喫煙症のような症状にもなる残留喫煙が生じます。
目白通りのわりと大きめの郵便局で、並んでいる最中、タバコの臭いがしてきました。
郵便局の窓口方向からだったので、つい中に目をやり、辺りを見回したほどでした。
私の番になり、ついでに「タバコ臭いですね?」と、職員にいいましたら、
窓口の女性の方は、「うちの職員は、みんな吸いませんが、お客様で吸っていた人がいるかもしれません」とのことです。
そこに入る前に吸ってきたものか、定かではありませんが、客の出入りのひんぱんなところは油断できません。
これだけで、空咳がでてきました。

タバコギライ より:

ユカタンさん、ご返信ありがとうございます。私はつい口が出てしまうタイプなのですが、素直に従うような人はそもそも路上喫煙者じゃないですよね。気分は悪いですが、タチの悪い酔っ払いや薬物中毒者に近づかないようにするのと同様、路上喫煙者にもそのように距離を置いて気をつけようと思います。世論がもっと煙草に厳しくなるよう自分でもできる事がないか探していこうと思います。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。