受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

ユカタン より:

願っていたことが、やっと現実になるようで、受動喫煙と日々闘うことしかできない側として、内容を見るなり、うるうるとしてきました。
「オール東京で受動喫煙防止対策」、
住環境もあるので、完璧にはなりませんが、だいぶこれで外出先での受動喫煙の苦しみがなくなるんだと、うれしくも、複雑な気持ちにもなりました。 

ユカタン より:

このところ、しょっちゅう禁煙スタイルのサイトを見るようになりました。
皆さん、かなり、頑張っておられるのですね。
それと同時に、受動喫煙で闘う活動者だと言うことですよね。
それらを見ていると、飲食店がどのようになっておられるか、一目瞭然にわかり、安心感もあります。
それなのに、私自身は、つらいつらいと、叫ぶばかりで、なんだか、情けなくなりました。
多くの人が、禁煙スタイルを見つけながら、時には、店の人に、「このようにした方がよい、灰皿は要らない」などと、申入れもしているようですね。

禁煙と分煙の飲食店が、主だと思いますが、パーフェクトな禁煙と、外に灰皿があるなどの微妙な禁煙などと、様々ですよね。
それらを目視しながら、また、辺りは喫煙店に妨害されていないか、路上喫煙者はいないかなどといった、ただ禁煙の所を見つけた、食べておいしいだけではなくて、その店をちゃんとした禁煙店に整えなければ、あまりプラスになった気持ちにもなれないことも、あるかもしれません。
見ていけば、違う何かが、わかるような気がします。
私自身、改めて、禁煙スタイルに感謝します。

ユカタン より:

すごく興味深い記事です。
びっくり仰天とともに、とても、恐ろしい事だと思いました。
喫煙所だけでも、大変なことなのに、至る所のタバコのポイ捨てなどは、言語道断だと思います。
これも、永久保存版でもいいですね。
記事をそっくりノートに書き写したいと思います。
知らないでいたら、危険でした。

ユカタン より:

「喫煙者の嗜好品などに負けてはならない」
「受動喫煙なんか、ぶっ飛ばしてしまえばいい」と、住居での受動喫煙当初は、そんな気持ちでした。
ところが1年が経過したぐらいから、苦しさと孤独さが倍増し、どれだけ、泣いたかわかりません。
受動喫煙でドライアイにもなるので、良いかもしれないと、自分で自分を励ましていくことが、精一杯でした。
「今日こそは、タバコの臭いを吸い込みたくない」
「関係もない人間の自室にまで、タバコの煙害を漂わすなんて、おかしい」などど、強く怒りがあふれかえるようでした。
受動喫煙には、イライラ・不安感・辛さ・悲しみ・憤り等といった、複雑な気持ちばかりで出てきます。
外出先では、多少なりとも、仕方ないという気持ちもありますが、自室は、受忍限度などありえません。
指折り数えるような、4月からの受動喫煙の最もしっかりとした条例を目の前に、いま、タバコを吸いたいから吸うといったような、「どこでもタバコ」を続けてきた喫煙者には、今度こそは、喫煙の決まりを守り抜いて、無関係な人に受動喫煙にさせないということを誓ってください。

なり〜 より:

初めまして。4月からの受動喫煙防止条例施行に伴って、会社に対策して貰いたいと、朝礼で発言したところ、従業員の一人が「タバコの臭いが嫌なら、会社辞めろ」と怒鳴られました。
頭にきたのて、口論して相手を突き飛ばしてしまいたした。
その事は、謝罪しましたが、更に弱い立場になってしまいました。
非喫煙者は自分のみで、喫煙者のみで集まっているので、仕事もあまりまわして貰えなくなっています。
飲み会にも参加していません。
辞めるつもりでいます。

ユカタン より:

自民党も各地で温度差があるようですが、
こちらの取り組みは、先ずは、信じてみたいと考えました。

県から都へと取り組みを示していけば、
東京都も、もっと厳しく考えると思います。

ユカタン より:

うちの傍のFamilyMartは、あまりにもだらし無さから、敷地内禁煙にしても、排水溝にタバコの吸い殻を捨てるなど、どうにもならない、違反者が後を絶ちません。
かなり、申入れをしているのですが、受動喫煙対策について、やる気のなさが伝わるばかりです。
厄介な常習者は、近隣の工事に関わる職人です。
FamilyMartの裏に、連日、ずっしりと座り込み、タバコをぷかぷかと吸いまくっております。
こちらのFamilyMartは、マンションとつながっているため、すぐ上は住居になります。洗濯物も干されていたりします。
これでは、いくら敷地内を禁煙だとマークを貼付けても、あまり、意味がないと言えます。こちら側にも大きく禁煙の看板でも出さなければ変わらないと思いました。
喫煙者には、近所迷惑にしかならないことと、喫煙したあとも、残留喫煙被害を与えることなど、しっかりと理解してもらう義務があるとおもいます。

ユカタン より:

外出先で毎日のように、様々な路上喫煙を目にします。
そんな中、禁煙箇所で、ちょっと食べ物を口にしていたら、臭うはずのない所から、タバコの悪臭がしてきました。
口には、食べ物が入っていたため、凍りつくように、食べるのを中断し、移動することに。
さらに、別の禁煙箇所にきて、ここなら大丈夫だろうと、再び食べはじめたものの……、
またしても、タバコの臭いが口の中まで入り込み、この上ない、気色悪さを痛感しました。
あっちでも、こっちでも、喫煙者ばかりで、受動喫煙を回避しての行動にも、限界を感じてしまいます。
リアルタイムに、受動喫煙がつらいね?などと、言い合えるひとでもいれば、また、違うと思いました。

ユカタン より:

なかなか煮え切らない禁煙事情ですね。

乗り物を利用する客側として、喫煙したばかりのひとが、乗ってこられては、
困るんです。
残留喫煙被害に遭うので、体調不良になり、喫煙者のために、毎回、我慢を強いられます。
これは、不公平だとおもいます。
どれだけ、乗り物での残留喫煙が苦しいものか、喫煙者にはわからないでしょうね。

ユカタン より:

禁煙・喫煙可能・分煙を表示するべきと決められているのに、
店内に入るなりして、店員に聞いて見るまで、どのようなスタイルになっているか、わからない店も、まだあります。
なかなか、聞くのも、ちょっと気まずい感じもしますが、
喫煙可能で、中に禁煙席もあるという店だったりします。

分煙というものは、受動喫煙対策にはならないとわかっているのですから、
分煙というものを無くすべきではないでしょうか?
潔く禁煙か、喫煙かの方が、確実に安心度が高いといえます。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。