受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、記事へのコメントと、お問い合わせフォーム受動喫煙オンライン相談 への投稿など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。

※日付をクリックすると、コメント投稿がされたニュースのページになります。

投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※コメントの記事に移り、そのコメント末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

 

寄せられたコメント

マキノ より:

隣の家の住人の喫煙に悩まされています。

私は、集合住宅に両親と住んでいます。隣とは薄い壁一枚で隔たれており、天井も繋がっています。天井は薄い板の端を重ねるように並べてある構造で隙間が空いているので、主にそこからニオイが入ってきます。(建物が古いので他に隙間等あるかもしれません。)
隣人は室内でタバコを吸い、換気もしないので、こちらが窓を開けるとニオイが窓に集中して結果的に部屋が臭くなります。

ニオイ対策にタバコ用の消臭剤や芳香剤を置いたりスプレーしても無意味です。
ニオイに堪えかねて、何度か聞こえるようにタバコ臭いと言ったのですが変化は無し。(壁が薄いので絶対に聞こえています。)

お互い持ち家のため、管理人や大家がいないので誰にも注意してもらえません。弁護士に相談したいですが隣家と揉めたくないという理由で母が許さないと思います。
引っ越したいけれど経済的に難しいです。

このままずっと隣人のタバコ臭に晒される事で健康被害が生じないか心配です。
家族に喫煙者もいないのに、なぜ、ゆっくり休めるはずの自宅で受動喫煙に悩まされないといけないのかと思うと涙が出ます。

受動喫煙撲滅機構 より:

ユカタンさんへ

 工事関係者の路上喫煙には、工事の発注者がどこか調べて、苦情を言ってください。
 市区町村など自治体なら、善処してくれるでしょう。私も言ってやめさせたことがあります。
 工事発注者がビルの所有者など企業であっても、なんらかの対応はしてくれると思います。行政でない場合は特に、その苦情電話を録音しておいてください。(問い合わせフォームからの送信でも記録を残して)
 対応が悪ければ、それをこのサイトなどで公開することも考えられます。
 善処してくれた場合も、その評価と、再発防止のために掲載してもよいです。

ユカタン より:

ネコネコさん…気にかけて頂き本当にありがとうございます。私は何とか脳梗塞とかでは、ありませんので!喫煙者の存在に互いに苦しいと思います。部屋の更新にしろ躊躇するに当然ですよね…ここにまるで浪花節のようにカキコミしていましたが、何とか生きていきましょうね。 

ユカタン より:

大家について追加です。大家に言われても困るとの事でした。管理会社があるシステムは、皆そうなのかな~…管理会社を通して下さいの一点張りですね。
大家でも自分で管理など全てやれる範囲の持ち主ならば良いのだけど、ただただマンションばかり数多く持ってるだけでは、名だけの大家に過ぎません。ここから改善してもらいたいです。

ユカタン より:

結局、管理会社があっての大家とは、どうにもならないことを思い知らされました。今のところに住んでからですが、それまでは、特に管理会社だの大家だのと深く考えたこともありません(実家は持家ですし、自分は、色々住み込みをしつつやっていたので)。

私の住まいのマンションの、ちょうど隣接する他のマンションは、その中に大家が住んでいて、大家だけで全部やっており、禁煙みたいです。
大家の旦那さんは喫煙者みたいですが、わざわざ自転車で遠くまで行かれて吸われております。1度は話を聞いたことがありました。やっぱし、家族連れの所だからと言います。

それに比べたら、こちらは何から何までし放題のように感じます。
私も疲れるぐらい繰り返し苦情を入れてきましたが、管理会社の中の宅建の担当の女性が変わってから、急に人に対する対応などが変わってしまいました。終いには、その部屋は管理していないような文章まで送られてきて、ポカーンと開いた口が戻らなくなりそうでした。

管理会社の口コミも至る所を見ていましたが、評判は悪すぎます。使えないとか散々です。クレームつけたらチンピラみたいな対応されて怖かった、などです。

安心も出来ない住まいは住まいじゃないですよね!人が生きてる事が地球に対するイジメ等とも聞きましたが、本当にそうですよね。 

ユカタン より:

暇さえあればこちらのサイトを見ております!何だか少しは気持ちが和むような気がします。スマートフォンでもない携帯電話での投稿ですが、毎回改行もままならないようで読みにくいのも勘弁ください(何しろ狭いスペースなので…メールならば改行を取れるのですが…)。

これからは暑くなる一方で窓なんかをフルに開けていたい季節ですよね!エアコンばかりでは体調不良になるし、皮膚も痒くなります。そこに、どこからともなくお決まりのタバコの臭いが混じってきます。本当にオエーって感じです。あんたら心にダムはあるのか?と言いたくなります。何もかも悪くなるタバコだとわかってるのに…

時々、中華料理なんかを食べに行きたくなりますが、今は、行きたくなくなりました。言い方悪いですが、中国人だけで営業している店は、テーブルには、ドーンと灰皿があるんです!1度過去にやられたーと思ったことがあります。
麻婆豆腐の有名な店で、店内はこじんまりして良さそうでしたが、座ると同時に水を出されて、ふと目の前を見れば灰皿が置かれていました!「ヒヤー」今更出るに出られず、ただただ食べ終わるまでタバコを吸う人がいませんようにとお祈りしてました。席の数だけ灰皿があるので相当です。次から次と回転が良いのかお客さんが入ってきましたが、子供連れの夫婦が真後ろに座りました。なんと子供が居ても気にせず若い父親がタバコに火を付けてボカスカ吸いはじめました。でも、隣にいた奥さんが、気にするように「食べてる人いるよー」等と配慮するような言葉を口にしていて少しは助かりました。
でも、よく飲食店でタバコとミックスした料理など口にできるかなーと不思議でなりません!
このようにならないためにも、本当に慎重に選ぶことが大切ですね!
食べたいものも喫煙オッケー店ならば行けないのも寂しいですが…  

ネコネコ より:

ユカタンさん、大丈夫ですか!?
もちろん大丈夫ではない状況なのは明らかですが、とにかくコメントを読んで、慌ててコメントしています。
受動喫煙は脳こうそくもリスクが上がるので、状態によっては病院にも行って下さい。症状を言って保険で検査ができると思いますが・・・。
夫がクモ膜下出血を経験しているので心配しています。
私も同じく7月に2年の更新です。喫煙者は同じく直後に越してきた隣室です。辛いですよね・・・。
締め切りの窓で、何より心が追い詰められて体が病んでゆくのですよね。
せめて・・・どうか一人ではないと思って下さい。

ユカタン より:

2年毎に1度の部屋の更新のお知らせが届きました。この7月で更新したとすれば五回目の更新となります。しかし、住まいでの受動喫煙が気になり出してから2年が経ちます。そうです!この2年前に同じ階に引っ越してきた住人こそが喫煙者だったのです!それでも自分なりに色々やってきました。微々たる事かも知れませんが…そして令和になろうとする1カ月前ぐらいに私は、スイッチが入るようにどうするべきか考えたりしていました。でも、実際の生活状況では、引っ越しは自由自在という訳にもいかず…これでいて更新ともなると悔しくて仕方ないです。
そしてこれまでにないストレスを覚えました。新しい年と共に朝目覚めると左側の顔に何だか違和感を感じました。動かない。ウインクできない。水を飲もうとしたら口から水が垂れてきました。これはおかしいと症状から検索すれば顔面麻痺とありました。全て当てはまりました。半年から1年過ぎても状態が変わらない話も出ています。私はなんか笑ってしまいました。
上手く笑えない顔で…しつこいぐらい言いたいのが、男性より遥かに女性の方が、受動喫煙のダメージが大きいことです。男性が30%としたら女性が70%だと言われます。
経済的に不自由ない人ならばタバコとは無煙の暮らしが実現するかもしれませんが、そんなの少数ですよね…例えば半径500メートルから一キロ範囲内に隣がない場所で暮らすことも可能ですよね…沢山課題はあると思いますが、必ず必ず追放したいですよね。

ユカタン より:

多くのコメントを一気に読みました!それにしても本当自分に置かれてる状況と何ら変わらないのも同感です。これだけの人達が苦しんでいるというのに…
私のところの住民と思いたくない住民が、咳をしてまで吸っております!私の玄関を通れば合図が咳ばらいや咳です。喫煙者と吸わない人が一緒とは、ざんこくでしかありません。ヘビースモーカー以上に害があって、吸ってる本人はケロッとしています。それでいて「昔からずーっと吸ってきてるから大丈夫だ」と言います。精神的にも参りますよね!
重金のように蓄積されそうなタバコ…気休めというか、老廃物を流す足ツボマッサージは、続けて約5年ぐらいになります。一日も欠かすことはありません。自分でガンを治したと言う近澤愛沙さんの出した本の世界一痛いとも言われるマッサージです。治らない病はないとあります。私も不調続きでしたので、これを信じるようにやってきました!もしかしたら、これに出合うことがなければ死んでいたかもと考えてしまうぐらい効果はあります。それでも、悪いタバコの臭いがあっての日々とのいたちごっこに過ぎないのも事実です。せっかくやっても、まーたおかしな臭い…

私からしたら喫煙者自身は、健康だの何なのどうでもいいんじゃないんですか?食べ物気をつけてる人やら運動してる人やら…仮に止めてから肺が元通りになるまでに4年はかかると学生時代家庭科の授業で習ったのを覚えてます。今日だって、やれやれと公園で持参したお弁当を食べ出したら隣り合わせた男性がタバコに火を付けたので退散しました。人を空気か石のように気にしない人なんだと思いました。

ネコネコ より:

「化学物質過敏症」→「化学物質症」訂正します。
以前に気にしていたのに、うっかりしました。申し訳ありません。