受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

マウンテン より:

東京都町田市北口にあるコンビニでは、駅前であることから人通りが多いのですが道が狭いところにあります。
しかし店舗の敷地内ではありますが、オープンエアで大きな喫煙所を店の前に
設置しており、たくさんの方がたばこを吸って煙をまき散らしています。
このご時世でも夜になるとお店で買った酒を飲みながら煙草を吸っている人も
います。また密の状態でもあります。
子供からお年寄りまで多くの方が受動喫煙にさらされている状況です。
このようなところは罰することはできないのでしょうか?

ユカタン より:

分煙とは、禁煙にしないで放置できるものだと思っております。
はっきりしない・あやふやな、日本人気質が出ているのではないでしょうか。
受動喫煙対策とは、黒白を付ける、何よりも受動喫煙から身を守ることだと思います。
健康を害することでは、日本国が、ひょっとしてトップクラスではないでしょうか。
決断力があるようでない。良くも悪くもならない。
「好きでも嫌いでもない普通だ」というような意味合いが多過ぎます。
どうでもいいということです。
先進国であれば、もっとちゃんとしたけじめが大事だと強く思います。

ユカタン より:

とても勇気のある行動と同時に、何とか喫煙者に間違いを正そうとしたかった心の表れだと思います。 
多くの方はきっと巻き込まれたくないことから、離れるかするでしょう。
相手側がいくら間違ってる行為をしているひとだとしても、注意する側も、相手がどのような受け答えをするものと、すこしは考えるものだと思います。
それでも、正義感の強い人は先ずは注意をすると思います。
私自身も、数だけなら20回数は違反者に注意をしてきました。
そのなかのひとりには、危機感を感じたことがあります。
違反者も、駄目な場所だと知りながら、我慢ならなくて喫煙しているらしい方も多く見受けられます。
これも、喫煙者との駆け引きもあります。
どのような丁寧語を使いながら注意をしたとしても、相手によってはまったく通用しないことがあるということを思い知らされました。

SHIN より:

「歩きタバコ」は法整備して警察が取り締まるべきだと考えます。
歩きタバコを警察が取り締まらないのでしたら、炎をつけたガスバーナー片手に歩いていても警察は取り締まれないわけですよね??
行政や警察の方々も、自らの家族・お子さん・お孫さんが被害にあう場面を想像して下さい。もしもの時「過料」だけで許せますか?

正義の喫煙者 より:

海外だと屋内は禁煙、外は喫煙OKという所が多い。日本はどうでしょうか?屋内禁煙、屋外も指定場所のみ…。日本だけおかしくないですか?喫煙者を狭いブースに閉じ込め快適に吸わせないようにし、迫害している。人権侵害に当たるのではないでしょうか?今の状況ではオリンピックをやって海外からたくさんの外人が来た際に、路上喫煙が出来ない事により喫煙者からの不満、そして路上喫煙は増えるでしょう。

るる より:

受動喫煙防止で色々対策はある中で生きるために仕方なく仕事している人のことは何も考えられていないです。
屋内の喫煙室は存在しています!
お客さんがたくさんいる中で灰皿の清掃しているのは大半が非喫煙者です!商業施設なんか永遠に禁煙にはなりません。
薄いマスクではたくさんの煙は吸い込むし喫煙者からは喫煙者だと思われているはずです。
私的には喫煙所が閉鎖空間だろうと存在して欲しくない。
働く人は受動喫煙仕方ないと思われているのかな。

小林春樹 より:

南青山マスターズハウスというマンションの居住者です。毎朝トイレに入っているとタバコ臭がしてきます。おそらく自室のトイレで喫煙している居住者の排煙がなんらかの経路で侵入してくるのでしょう。また、ほぼ毎晩、21時から24時の間、不定期に、ちょうど煙草一本を吸い終わる間の時間、やはりタバコ臭が侵入してきます。ただこちらは換気口等の侵入経路らしきものはみあたりませんが、いまも五度目の侵入が起こっています。
管理会社、管理組合に行っても、結局、エレベーター前に「住民の健康のためにベランダでの喫煙はやめましょう」という張り紙をしただけであとはなにもしてくれませんでしした。そもそもベランダ喫煙者=蛍族が排出している排煙かどうかもわからないのに。このような場合、法的救済措置を申請する手段や組織はありますか。

非喫煙者 より:

私の状況はちょっと違いますけど、今マンションに住んでいます。毎晩よく煙の匂いが一戸建ての隣家の換気扇から流れて来るのです。自分の部屋の窓を閉めても無駄です。マンションの管理者やオーナーに相談しても、隣家に注意できませんとの返事でした。隣家の方は家の中で喫煙し、換気扇から流して、近隣に迷惑をかけているのです。本当に何にもできないのでしょうか? こういう場合、引っ越しせざるを得ないのでしょうか?

ユカタン より:

黒い衣装の男性のポスターを見る度に迫力があるのと、これらの怖さが強調されます。
タバコは合法になっているからと、喫煙者の一服で、殺されてはたまったものではありませんね。

ユカタン より:

うちの父親は私が未成年の頃までは喫煙者でした。
あれから長い年月が過ぎて、いまは「タバコは悪いぞ」という非喫煙者です。
遠方から年に一度の年賀状のなかには、わたしの身体を心配する内容があり、涙ぐましくなりますが、
そんな親には、住環境での他人からの受動喫煙で、体調不良、病気にまでなったと、いうことだけは秘密にしています。
悲しいですよね。吸いたくもないタバコを喫煙者住民により、巻き込まれているのは。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。