受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿された記事のページになります。
投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメント末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

〈注意事項〉

「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない、他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や、不穏当な文など、当サイトでの公開にふさわしくないもの
※まれに、公開のために内容などの確認をすることがありますので、アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届く設定に)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は、受け付けません。
※投稿者名(筆名=ハンドルネーム可)は、すでに公開されている別のかたと同じ名前にならないよう、ご留意ください。
 また、同一の方が複数の名前を使うこともないようにお願いします。(※特別の事情がある場合はご相談ください)

寄せられたコメント

ユカタン より:

コンビニでも車をちょっとでも停められるような場所があることで、車タバコをつくる原因になります。
たった今、強いエンジン音を鳴らしながら《CHUO株式会社》と言うトラックの運転手が、案の定、窓を開けながらの喫煙をされており、受動喫煙の被害に遭いました。
今日はちょっと、注意をする気力もなく、ただただ、上から見ていて早く走り去らないかと願うばかり。
こうやって、車タバコでも路上喫煙でもされると、部屋にタバコ煙害が入り込むのが大半で苦しくなります。
そうなると、FamilyMartが営業していることで車タバコを生むとすれば罪ではないでしょうか。

パンダ より:

今朝も隣人が喫煙しています。
隣人も窓や雨戸も閉めて喫煙していますが、玄関やポストの隙間から入って来て、臭いも気付かないくらいで、いつの間にか吸い込んでいて発作が出始めました。
喫煙者は好きな時に喫煙して、好きな時に行きたい場所に行けるのに、こちらは喫煙者に合わせた生活をしなければいけません。
いつになったら自分の生活ができ、普通に外に出られる生活が出来るのだろうと思います。

ユカタン より:

タバコから自分の身を守るためにも意思表示は大切ですよね!
私は、パンダさんが車に乗りながら車タバコの人に指をさしたと言うのは、なかなか出来ることではありませんよね。
私は、やはり、普段歩いていて大半が違法な喫煙者ばかりなので、タオルで口や鼻を被うように咳込むなりアピールします。
禁煙箇所ならば、ここでは吸えないと言うことを注意することはしていましたが、このところ、それもかんがえものです。
本当に、どんなに微かなタバコ煙害でも蓄積を考えると怖いものです。
タバコがあるから問題ばかりになります。

パンダ より:

昔は喫煙者が多かったので、私のように生まれた時から喫煙者のいない家庭で育った人も少ないのかも知れません。
きっと勤めていれば誘惑もあったと思います。
嫌な思いもしたかも知れません。
それでも喫煙者にならなかった、「意志の強い両親」に感謝します。
そして、誰も傷つけなかった事に心から安堵しています。

しかし、他人からの受動喫煙で受動喫煙症になってしまいました。
喫煙者の家族が喫煙者寄りの考え方になるように、私は喫煙者の気持ちは特に理解出来ません。
喫煙者の方は何を大切にするべきか、今一度考える時なのかも知れません。

パンダ より:

安易に世の中に出した為、このような健康被害が起こったのでしょうね。
便利さや新商品の開発で、結果や売上重視だったのではないでしょうか。
しかし研究者の方も言われていましたが、研究には時間がかかり、そんなに新しい発見などすぐには出来ないと。
結果を求められる世の中では、いつ結果を出せるか分からない職業は正社員での安定した雇用がないと言われていました。
ノーベル賞を受賞される方も、何十年も研究された結果の方が多いのではないでしょうか?
タバコも海外に影響され、追加される化学物質の安全性を見落としたのだと思います。

ただ一番問題なのは、これからの子供や若い人、働く世代が病気になる事です。
そして、高齢者の中には余生を楽しみ、充分長生きしたから健康でもっと長生きしたいとは思っていない人は、禁煙をしようと思っていないと言う事です。
それも若い世代の病気になる人を増やすのです。

「それぞれが自分だけの問題ではないのだ」と言う意識を持たなければ、この喫煙問題は解決しません。

窓を開けて換気したい より:

このような機構、ホームページがあったことを知りませんでした。
これだけ世論は受動喫煙防止を訴えているのにも関わらず、喫煙者には届いてないように思います。
なぜなら我が家への受動喫煙は全く改善されないからです。
食後やお料理の最中には換気したいのですが、階下喫煙者の一服と重なるらしく、換気も思うように出来ません。
深夜や早朝換気しようにも、階下は常に換気扇を回してるのか、常に弱いタバコ臭が漂っており南の窓を開けることができず、北側の窓を開けても風は通らないので、お風呂場の窓を開けたり玄関を開けて風を通したり、環境の良いところに住んでいるのに、空気が汚染されていてはどうにもなりません。
受動喫煙したくないな〜。管理会社も嗜好品で部屋で吸っていることを注意は出来ないとの回答で、窓を開け換気扇で撒き散らしているのに本当に迷惑です。
穏やかに生活したいです。

窓を開けて換気したい より:

安い団地住まいなんですが、階下住人が喫煙者で、一度部屋に入ってしまったタバコ臭は部屋中に広がり、換気扇ですぐには一掃出来ず本当に辛いです。
そっと窓を開けて臭くないのを確認して窓を全開にすると、すぐ臭ってくるので嫌がらせか?と思うときもあります。
深夜早朝なども常に弱くタバコ臭が漂っていて喉が痛くなります。
血管がしびれるような感覚(体中がしびれる感覚?)で、こわいです窓を開けて換気したい。
今の時期でも雨でもクーラーを入れてます。今日は涼しいのに…

パンダ より:

窓を開けて換気したいさん
よく分かります。
私も隣人がいつ喫煙をするか分からないので、窓を閉めて生活をしています。
家の湿気対策などの為にも、空気の入れ替えの為にも窓を開けたいです。
そして私もそっと窓を開けてみて、臭いがしていないか確認します。
ただ、臭いでしか判断が出来ないので、有害物質を吸い込む事になるのです。

「人間が普通の健康な生活をする為の当然の権利」だと思うのに、それが通用しないのは苦痛です。
早くタバコの廃止やタバコ禁止をして欲しいです。

パンダ より:

今日は、昨日の、家族に喫煙者のいる非喫煙者の服からの三次喫煙で、喉が締め付けられるような感覚になりました。
口の中がピリピリしながらの2時間は、長すぎました。声もかすれ、調子が悪いです。
喉頭癌とかになるのかなぁ、などと考えてしまいました。

しかし、用事があり車で外出をしなければならなくなり出たところ、駐車場で受動喫煙に2回遭い、また運転中に、車喫煙を2回見かけました。
防塵マスク+使い捨てマスクをしていても、風下に居たので、10mほど遠くからでも臭いが入って来て、避けようがありません。
運転中は窓を閉めているので、受動喫煙には遭いませんでしたが、日本にはまだまだ受動喫煙の認識が甘い喫煙者が大勢います。
これを避けて通る事が出来ないのですから、症状が悪化しても当たり前ですよね。
そして運転中は対向車だったので指を指して上げました。
追って来なかったので良かったですが。

パンダ より:

ユカタンさん、喫煙者のいない時の調子は少しいいみたいですね。私も嬉しいです。
疲れたらここで思いっきり吐きだしながら、休憩して下さいね。
弱音だって吐いちゃって下さい。
人間そんなに強くは居られません。
私も、ユカタンさんや受動喫煙撲滅機構様に助けられ、励まされながらの毎日で、何とか1日1日を送っています。
みなさん、本当にいつもありがとうございます。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。