受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)
※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。 投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
・受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
・受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
・単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
・受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
・その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの
※アドレスは必ず正しいものを記入してください(PCからの連絡が届くもの)。ニセのアドレス、連絡が届かないアドレスの投稿は受け付けません。

寄せられたコメント

ユカタン より:

敷地内を禁煙と決めても、喫煙者である以上は、外に出ていっても、タバコを吸える場所を探しにいくでしょうね。
灰皿撤去した役所の出張所の人も、タバコ吸いたくて仕方のない喫煙者がいるということです。
外で喫煙してきたひとが、来客と会話をすれば、残留喫煙被害をつくります。
国の役割を任されている人たちから、第三次喫煙被害に遭うということです。
タバコ臭いなどと、わかるひとには、わかるでしょうね。 
闇の喫煙所は、違法そのものです。
それらの習慣になれば、別の箇所でも「ちょっとぐらい喫煙してもいいだろう」「電子タバコか加熱式なら、臭いがばれないかもしれない」などと、悪を働く人をつくることになります。

ユカタン より:

飲み会だけに留まらず、他人との集まり等が、苦痛でしかなくなりました。
人数が集まれば、誰かしら、喫煙者が中にいたり、
非喫煙者でも、「私はタバコは吸わないけど、タバコの煙りとか平気だ」という人が、実に多かった気がします。
集まりを回避するしかないというようになれば、生きにくいとしか言えません。
常日頃、単独行動でないと辛くなり、近くに他人がいるだけで落ち着かなくなります。
これはもはや、喫煙者が中心であり、非喫煙者で受動喫煙を回避したい側は、のけ者か、排除されているとしか思えないんです。

ユカタン より:

ここは、駆け込み寺のようなところです。
とりあえず、機構の方には見てもらえる。
そんな気持ちもあり、孤独な受動喫煙と日々闘うしかありません。
たまたま何日か、自室にタバコの煙害が来なければ、
「もしかして、禁煙してくれてるのかな?」
「体調不良のようだし、控えることにしたのかな?」などと、期待もしてしまいますが……。
そう思うのも甘くて、再び、喫煙者住人の女性からのタバコの悪臭が、自室に漂ってきました。
身震いしながら、体内から受動喫煙を拒否るような症状になりました。
視界が、一瞬、白っぽくなり、またかまたかと、受動喫煙の辛さを再び覚えたようでした。

ユカタン より:

コンビニの外に置いている灰皿は、どうやっても、通行人の受動喫煙被害を招くことになります。

普通に道路沿いにあるFamilyMartを通れば、風向きにより、タバコ煙が、身体に付着しました。
その直後、店から赤ん坊を抱き抱えていたお母さんも出てきました。
至る所のFamilyMartを見てきましたが、FamilyMartは、受動喫煙対策が、全くなっておりません。
これは、店だけの問題に限らず、無関係の人も、受動喫煙にさせてしまう、重大なことだとおもいます。

ユカタン より:

やっとこのような全面禁煙に決めたんですね。どこかのチームが「全面禁煙」と立ち上がれば、それを聞き付けた他のチームは、いつかは、「全面禁煙」にするでしょうね。

スポーツ選手など、どういうわけか、喫煙者が多く存在するのは、運動の意味も薄れないかと、いつも思っていました。
野球などをやるひとが、ちょっと一服なんて、ピンと来ないですよね。

ユカタン より:

東京都、2月の広報には、
[4月1日から、「東京都受動喫煙防止条例」・「改正健康増進法」全面施行。
決められた場所以外で、タバコは、吸えなくなります。]
 とあります。
ずっと話だけは聞いておりましたが、広報に記載されることで、そうなるんだな、などと、実感が湧いてきます。
そのほか、喫煙室について、
[屋内でタバコを吸うことができるのは、以下の場所のみ、喫煙室の中は、利用者・従業員を含め、
20才未満は、立入禁止]
それぞれのマークが決められております。

個人的には不要だと言いたいものが、[事業者の方へ]というものの、
[施設の中に喫煙場所を作る場合は、法の定める基準を満たす必要があります。
喫煙室を設置した場合には、施設の入り口等に標識を提示してください。]

さらに、
[喫煙可能室を設置した飲食店は、管轄の保健所等に届け出が必要です。様式等は、ホームページで入手可。
飲食店は禁煙のお店も、標識の提示をお願いします。]
とかかれておりました。

ユカタン より:

2月に入った時点で、まだ完全に禁煙になっていない、デニーズ野方店がありました。
前までは、目立つように喫煙所ありますなどと出しておりましたが、全席禁煙と看板が出ていました。

ところが、本当かなとさらに入口付近のドアの外に記載されていたものをよんでみたところ、
小さめのシールで、赤く全席禁煙、緑の「喫煙室あり」マークが、ありました。
客を惑わせるような呼びかけで、嫌になりました。
この手の出し方、何店舗か見たことがありました。
喫煙客を入れていた店側からすると、潔く喫煙室をなくすのも、なかなか勇気が必要なんでしょうね。

ユカタン より:

公共機関などへは、タバコは持ち込みを禁止したら良いとおもいます。
隠れて喫煙するひとも、出てくると思いますし、現にそれで、問題になったこともありましたよね。
加熱式なんかも、臭いがバレないなどと、勝手に考えている、とんでもない人もいるようです。

ユカタン より:

細則モデルは、見たことがありませんでした。
赤いマークばかりが、至る所にあるものですから、このような、ボリュームあるマークなら、すぐに、わかるかもしれません。
ベランダ喫煙に加えて、「換気扇の下で喫煙しており、その換気ダクトが、ベランダに設置されていて、ベランダ喫煙と同じ事がある」だなんて、驚きと同時に、あってはならないことです。
喫煙者住民がベランダに出てタバコを吸っている姿を実際に目にしたことがありますが、さらに、廊下から見える換気扇の出てくる所からも、白いタバコの煙が、モクモクと出てくるところも確認しました。
「換気扇のまえで喫煙すれば何ともない」は、間違った思考だということも、世に広めなくてはいけないですね!

ユカタン より:

元喫煙者であるということで、最初は、半信半疑でしたが、
喫煙の本質を知り尽くしているからこそ、包み隠さず、さまざまなタバコ煙害や、受動喫煙について、説得力があると考えられます。
ただ単に、禁煙しただけではなく、それらの依存性の恐さもわかるでしょう。
他には真似ることのできない、また、違った意味で、喫煙者を変えていくような、
受動喫煙を根絶するのに、
大和教授の力こそ、必要不可欠だと思うようになりました。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。