受動喫煙を発生させる学生は停学に~入学時に誓約書

 喫煙者を認めないのではなく、喫煙場所以外での喫煙に厳しい処分を科すことの「誓約書」を書かせる、という取り組みが出ました。

 「入学する学生に禁煙誓約書」追手門大、学生証と引き換えに
  =『毎日新聞』2018年12月22日08時00分(最終更新 12月22日 11時21分)=

 以下は全文とコメント投稿があるサイト。

 追手門大、入学する学生に「禁煙誓約書」?学生証と引き換え。違反した場合は「状況に応じて注意や停学などの措置」=X線室2018年12月30日=

 
 喫煙者は入学不可、という大学も、医学・薬学系を中心に増えてきてはいますが、まだ一部。
 また敷地内禁煙・喫煙所なしにした大学で、学外の周辺で喫煙され、住民から苦情があって、また喫煙所を設けることに後退する大学も、多くあります。

 現状無理があるそれらとちがい、喫煙者排除ではなく、受動喫煙撲滅の観点で、正しいかもしれません。
 じっさいここまでされたら、喫煙者は入学をやめるかタバコをやめるか、となるでしょうね。

 その後の、関連報道です。

 大学、紫煙との闘い 「キャンパス全面ダメ」「禁煙誓約書を」 あの手この手で
  =『毎日新聞』2019年1月21日07:00 =

 全面禁煙か、分煙継続か…7月から「敷地内禁煙」原則の大学、割れる対応
  =『YOMIUIRI ONLINE(読売新聞)』2019年1月22日=

 

 写真は、2011年から禁煙の大学。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*