受動喫煙撲滅機構には、様々な方から、様々なコエが寄せられます。

相談・学習 定例会で対面で語られたコエ、電話でのコエ、FAXでのコエ、そして、当サイトに寄せられたコエ。

寄せられる様々なコエ

当サイトに寄せられるコエにも、お問い合わせフォーム受動喫煙 健康被害のオンライン相談 への投稿や電話など様々ですが、ここでは、記事へのコメントとして、公開されたコエをまとめてご紹介いたします。(新着順。承認・公開すると自動でこの欄の掲載となります。)

※日付をクリックすると、コメントが投稿されたニュースのページになります。

投稿コメントに対しての励まし・ご意見なども歓迎します。(※そのコメントの記事に移り、そのコメントの末尾の「返信」をクリックして投稿してください)

 ※「受動喫煙」専門のサイトですので、以下のような投稿はしないようにお願いします。公開しないこともあります。
 受動喫煙被害(煙・臭いなど)ではない、喫煙やタバコの問題
 単なる(受動喫煙ではない場合の)喫煙者や喫煙習慣・喫煙行為だけへの非難
 受動喫煙と関連しない他の話題のみの投稿
 受動喫煙であっても、投稿先のニュースやコメントと関連しない事柄
 その他、文意不明や不穏当な文など、公開にふさわしくないもの

寄せられたコメント

ユカタン より:

ときには、“受動喫煙など、被害者が悪い”などということになります(されます)。 
喫煙者は、タバコを吸いたいから吸う。
近くにいるから悪いのだ、という思考です。
しかし、自室にいるのに、タバコ煙を吸い込むことなどは、悪いもなにもないといえます。
受動喫煙で困っていると訴えても、“仕方ない”というような話もあります。
喫煙の自由を主張するのは、自由です。
しかし、吸いたくもない非喫煙者を巻き込んでまで、喫煙を継続する自由も権利もないといいたいです。
いまでは、他人からの迷惑行為は、受動喫煙がダントツだといえます。
至る所を汚されて、体調不良にまでさせられ、挙げ句の果てには、受動喫煙症状との闘いの日々なんですから。
また、自宅での喫煙は自分でタバコの吸い殻は処理するとしても、歩きタバコのポイ捨ては、あとあと、拾い集める余計な仕事をしているひとの立場も考えてみてください。
街を汚してまで喫煙が大切ですか?
路上のあちらこちらで、立ち止まり、喫煙しながら騒ぎ立て、
嘲笑いをするかのような光景をしょっちゅうみますから。

ユカタン より:

自治体は、受動喫煙について、
いちおうは取り組んでいるのでしょうが、
個人的には、それがあまりつたわってこない気がします。
公共施設などでは、時代の流れで、禁煙にされてはいます。
しかし、住環境については、かなり、受動喫煙が苦しい、つらい、
なんとかしてもらいたいもので、これも訴えているのですが、
ことごとく、マニュアル通りに跳ね返されております。
それはもう、「区役所ではどうにもできません」と、言われているのと同じです。
受動喫煙の被害者として、今日明日にでも死ぬかもしれない、気がすることがあるのですが。

ユカタン より:

受動喫煙でもっとも臭いが残るなあとおもうところは、髪の毛です。  
臭くて臭くて、洗い流しても、さっぱりしない。
髪の毛は、静電気で臭いを吸収するというものなんですね。
いずれにしろ、迷惑でしかありません。
喫煙者は、喫煙の自由を主張するまえに、
受動喫煙被害になるひとたちが、どれだけ負担になるものかを知るべきです。

ユカタン より:

この消臭剤については、まだまだ、多くのひとが、タバコなどの悪臭が、これらをつかうことで消えると思われているようですが、このサイトであらためて、やはり、タバコの煙害に上塗りするだけだと思いました。
タバコを吸ったあとに、シューッと、消臭にならないスプレーをふりかけるひとがおりますが、その市販の、化学物質が混入したスプレーの成分も知っておくべきだと思います。
わたしは、化学物質過敏症でもあるので、香料などの化学薬品は、いっさい省くようにしております。

ユカタン より:

これは、早いところストップしないと大変ですよね。
電子タバコだけを悪いとして、
加熱式なら健康被害がないような、思わせぶりみたいな誘導は、罪としか思えません。
加熱式タバコの存在は、個人的にも困っております。

家庭内で親が家族に気をつかって、家でも車でもタバコを吸わなかった。
それを加熱式タバコならよいか、などど吸いはじめるなんて、それは「喫煙思考」に逆戻りなだけです。
この現状、加熱式タバコ大国に警鐘を鳴らすことに賛同します。

ユカタン より:

勤務する側のまとめ役が、一服の度に、
非喫煙者に仕事を押し付けて、抜け出していたというのもありましたね。

ほんとうに与えられた決められた休憩時でもないので、
そちらはサボりだと思いました。

ユカタン より:

これらも、かなり問題視されているようですね。
勤務中なのにも関わらず、許可とは別に、自分の意思による一服は、
第三次喫煙喫煙にまでなる同じ働くひとからしてみれば、
やめてください、となります。
喫煙者で仕事をするひとを数多くみてきましたが、
一服しないと仕事ができないようになっていませんか?
または、一服するから仕事をするという気持ちでしょうか?
受動喫煙を回避したい側からしたら、
その行動で、健康状態が悪化するだけです。
わたしたちは、健康を害するために仕事をしにきているわけではないです。
働くひとが喫煙者であることが、職場の空気を乱すことにもなります。
働くのであれば、終日禁煙である事が鉄則だといえます。

ユカタン より:

本来は禁煙としている公園でも、一部に喫煙所を設けている。
わたしはそこに働くひとなどに、それとなくきいてみた事がありました。
「なんで、全面禁煙とあるのに、喫煙所がいくつも設けられているのですか?」
すると、
「全部ダメとしたら、隠れてタバコ吸うひとが出てくる。そうなると火災のおそれがある」
でした。
なんだか、こういう話からして、喫煙者を優遇しているみたいですよねー。

ユカタン より:

もうオリンピックは始まっていると思って、
ぱっぱと飲食店の灰皿を取下げて、
全店が禁煙のタバコ厳禁にするべきだと思います。
これでは、世界中に日本人が、
いちばんマナーが悪いレッテルをはられておしまいです。

タバコは、はなしを繋げる一つだけであり、
あとは、受動喫煙被害者を死に追いやるだけなんですから。

ユカタン より:

家主であるひとが、禁煙にしなかったマンションのせいで、
自分自身が受動喫煙で苦しむはなしをききました。自分は吸わないし、タバコが嫌いというひとでした。

しかし、いまさら廊下で吸うなとはいえない。
いうことで、住民が出ていってしまったら空室が増えるばかりだといいます。

自分の建物の持ち主である大家さんが、そんな弱気ではいけませんよ~って
ちょっと、後押ししてあげたものでした。

STOP受動喫煙新聞
「受動喫煙をなくすべき」という考え方は、すでに全世界に広がっており、世界保健機関(WHO)が2001年に可決・2005年に発効した国際条約「タバコ規制 枠組み条約」(FCTC)では100%タバコ被害のない社会をめざして、喫煙規制の法や条例の制定を、世界各国に促しています。
[購読申し込み]