「タバコが嫌だ」と気づかせる苦労?

 若い女性向け(たぶん)の情報サイトで、こんなものがありました。
 当機構の読者のみなさんなら、じれったくて腹が立つかも?

 もしかしてタバコ嫌い?と男性に気づかせるためのアピール9パターン
  =『オトメスゴレン』最終更新日:2018年3月30日(金)=

 項目のみ抜粋しますと――、

【1】飲食店などに入る際は、必ず禁煙席を指定する
【2】男性が喫煙エリアで吸う間、わざと退屈そうにして待つ
【3】「吸える場所を探すのも大変じゃない?」と面倒臭さを強調する
【4】相手がタバコを吸い始めたら、サッと風上に移動する
【5】「けっこう本数吸うんだね…」と伏し目がちに感想を漏らす
【6】「やめようと思ったことある?」と禁煙を話題に挙げる”
【7】喫煙による害や、禁煙外来の存在をそれとなく話す
【8】「え、また吸うの!?」と大げさに驚いてみせる
【9】「実は、タバコの臭いとか苦手なの」とはっきり言う

【調査概要】 期間:2014年4月10日から13日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

 三次喫煙や中には二次喫煙もあるていど容認してしまっているのも見られますね。

 いまどき、しかも当機構サイトを読むような方なら、つっこみたいところあるでしょう(コメント欄へどうぞ)。
 調査は6年前のものなので、いまならもう少し違うかもしれませんが……、
 いや、とくに女性は男性に対しては言いづらいので、いま調べても、同じような答えが出るかも、しれません。

 私も(男性でも)、昔は、周囲の喫煙者に対して(相手が女性でも、下の人に対しても)、こんなようだったような…?

 ご意見お待ちしています。

 付記
 上記サイトの下の「関連するキーワード」に「タバコ」項目があったので見てみたら、こんなのもありました。

 非常識すぎてガッカリな「彼氏の喫煙マナー」あるある =最終更新日:2014年3月25日(火)=

 吸っても良いか意思確認をしてほしい、歩きたばこはNG…「デートに誘われた男性が「喫煙者」だった場合、デート中に特に気を付けてほしいマナーとは?」193人に聞いた女性の本音 =最終更新日:2020年1月27日(月)=※調査は2013年。

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

「タバコが嫌だ」と気づかせる苦労?” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    私も昔は、面と向かっていえずに自分の中でイライラしていました。
    ノート等でわざと煙を扇いだり、「タバコ吸う人は早く死んでしまうから、いっしょにいても寂しくなるからパスだわ」と言ったことがありました。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*