新聞の論説です。
 
 健康増進法の改正には、成立前から、多くの新聞でゆるさ甘さへの批判が論じられてきましたが(『産経』『読売』は自民よりの論説もありましたが、それ以外の大半では)、
 それでもゆるいままに通ってしまう、この国は、何なんでしょうね。
 
 受動喫煙 五輪に不十分な改正法と東京都条例
  =『毎日新聞』2018年8月10日=

  (以下抜粋、「……」は文省略)

“最近の五輪開催国に比べ国や自治体の規制の甘さも指摘されている”
“これまで努力義務だった同法を改正して、罰則規定も設けて受動喫煙防止策を段階的に施行することにした……関係団体などの抵抗が強かった飲食店は、例外的に経過措置を設けた。大規模だったり、チェーン店、新規開店の場合は事務所などと同様に適用されるが……既存の経営規模の小さい店は、入り口に「喫煙可」などと表示すれば吸うことはできる”
“同法に先行して6月27日に成立した都条例は……飲食店では面積に関わらず従業員を雇っていれば禁煙となるが、喫煙専用室を設置すれば喫煙でき……違反の場合は5万円以下の過料となる。
 これによって都内の84%の飲食店が禁煙となる見込みで、全国約45%の飲食店が禁煙と対象となる改正法の規制よりは厳しくなっているが、「たばこのない五輪」の実現からは程遠い”

 ☆当サイトではご意見・情報を受け付けています。「お問い合わせ」欄からぜひご投稿ください。