喫煙を発見する監視カメラ(AIシステム)が開発!

 監視カメラで写している現場の映像から、喫煙とおもえる行為をコンピューター(AI)が自動で判断、
警告を鳴らすシステムが開発されました。
 
 火の危険防止のためなのですが……。

 マイクロソフト、ガソリンスタンドの監視カメラ映像からAIで喫煙行為を検出
  =『CNET Japan』2018年10月03日 12時00分 =

 以下抜粋、「…」は文省略。

“監視カメラの映像を…解析する人工知能(AI)システムを構築。これにより…多種多様な動きのなかから、喫煙行為を検出できるようにした”
“喫煙行為を認識した場合は、システムの管理画面に警告を出す。スタッフはこれを見て、給油ポンプの動作を緊急停止させる、などの対応がとれる”

 はい、みなさんご察しの通り、これはGS以外でも、
禁煙場所での不法喫煙に対して、有効に使える、使用されていくのではないかと、予想されます。

 するとまた「監視社会だ」「人権侵害」という、視野狭窄な輩が出るでしょうが……、
 不当行為を監視することは法的にも問題ありませんので、屁理屈は黙殺しましょう。

 ところでこのシステム、いくらくらいでしょうかね?
「受動喫煙撲滅機構」で買って、被害者にレンタルしようかと……?

 

 禁煙の場所で堂々と喫煙する方々。

上大岡 京急改札前

VIVLE横浜西口

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*