外国では、屋外も禁煙化がすすんでいます

 受動喫煙防止条例や法規制に反対するタバコ販売促進派や喫煙者擁護自己満足者や日和見者は、よく
「外国では屋内は全面禁煙でも、屋外は喫煙自由だ。日本は屋外規制があるのに屋内規制を進めたら喫煙者は吸うところがなくなる」
 などと言いますが、そうでもありません。(だいたい日本でも、屋外喫煙はいまだに多発していますが)

 チリ首都の高級住宅地、屋外公共スペースを禁煙に 南米では異例
  =『AFP BB NEWS』2018年11月2日 13:03 発信地:サンティアゴ/チリ=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“最高345ドル(約3万9000円)の罰金
“……約3割が喫煙者だが、法令による禁煙対策が進みつつある。既にレストランやバー、ナイトクラブなどは禁煙となっており、たばこ広告も規制されている”

 なお、韓国も大都市では路上喫煙の規制があります。詳しくは『STOP受動喫煙 新聞』第22号で韓国国営放送記者への取材を掲載しています。
 

 
(日本のお店ですが…横浜西口の洋風ビアバー「THRASH ZONE」店内外禁煙の表示)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*