進まない室内禁煙化に『産経』記者が被害者の視点で

 ふだんは与党側、タバコ業界側の記事が多い『産経』で、
被害者の視点の良い論説がありました。

 【黄門かわら版】室内禁煙が進まない地方都市
 =『THE SANKEI NEWS(産経新聞)』2019.2.3 07:02=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“全国各地で受動喫煙対策が進む中、店主の開き直る態度に驚いた”

“禁煙席は店の一角にお飾り程度にあり、煙が遮断されているわけではない。注文後に気づいたため後の祭りだった。チェーン展開する喫茶店でも油断禁物

“ビジネスホテルを予約する際……「喫煙ルームなら用意できる」と言われることがあるが、妥協せずに断る

“来日した外国人は、この国の分煙社会に対する遅々とした取り組みに仰天するだろう。世界に冠たる長寿国の受動喫煙対策が“二流以下”であれば世紀の祭典で赤っ恥である”

 日出間和貴記者の記事には今後も注目しましょう。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*