99の直営飲食店が完全禁煙に ~ 近畿日本鉄道

 関西に住む方・行く方に朗報です。

 近鉄リテーリング/居酒屋・カフェなどを4月1日から全面禁煙
  =『流通ニュース』2019年02月25日=

■実施店舗全99店舗
日本料理「月日亭」ほか11店舗
居酒屋「味楽座」ほか8店舗
鰻料理「江戸川」ほか13店舗
中華料理「百楽・四川」ほか10店舗
カフェ「カバリエ」ほか16店舗
ゴルフ場レストランほか6店舗
カフェ「チャオプレッソ」ほか18店舗
プロント3店舗
モスバーガー2店舗
ドトールコーヒー3店舗
ケンタッキーフライドチキン6店舗
てんや3店舗

 ファストフードはもちろんでしょうが、居酒屋もなるのは立派ですね。

 その後の報道、囲みは記事の抜粋(「……」は文省略・太字化は引用者)。

 カフェなど99店「全席禁煙」近鉄グループ、法規制先取り
  =『産経新聞』産経WEST2019.2.26=

“喫煙に甘くマナー順守の精神が乏しいとも指摘された関西で、禁煙・分煙が急速に拡大……国内外の観光客から禁煙・分煙を求める声が高まっているからだ”

“「和食さと」などを運営するSRSホールディングスは、昨年4月に全約200店の全面禁煙に踏み切った……宴会の受注が減った店舗もあった。ただ「おおむね好意的な反応が多く、すでに禁煙前の売り上げ水準に戻っている」(広報担当者)”

阪急阪神ホテルも

“阪急阪神ホテルズ(大阪市)は今年1月、京都や大阪などで直営する15ホテルの全客室を8月末までに禁煙にすると発表した。担当者は「禁煙の部屋から予約が埋まっていく傾向がある」と話す”

 私は、大阪にいた2003年、あべの近鉄百貨店(いまは「あべのハルカス」)のレストラン階が全店完全禁煙になったときの衝撃は、いまでも忘れられません。
 そのころは禁煙運動をやっていなかったので、法の制定も知らず、そこの各店店頭の「健康増進法により~」との表示にわが目を疑い、嬉しくなりましたが、
その後、「ではなぜ一般の飲食店は禁煙にならないんだろう」「けっきょく、ほとんどの場所では変わっていない」と感じるようになりました。

☆健康増進法施行による当時の鉄道・銀行・官公庁や一部ホテルの一斉禁煙化については、『STOP受動喫煙 新聞』第24号で大和教授が写真入りで詳報しています。

  教授ご提供の当時の掲示。(前記24号に掲載しています)

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。

コメントへの当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。

※コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*