トイレの禁煙マーク ~渋谷

 活動の仲間からの情報です。

 東急線・渋谷駅の地下4階のトイレが改装されて、
禁煙マークがたくさん貼られるようになったとのことです。
  
 ちゃんと「加熱式タバコおよび電子タバコも」と、分類して書いています。両者を混同する人も多いのですが、作った人はよく勉強したのかもしれませんね。
 (両定義については『STOP受動喫煙 新聞』21号で詳しく載っています)

 また「タバコ」も外来語として正しくカタカナです。

 ただ、
「お客様からご意見をいただいています」
 とは、どういう意味なのでしょうね……?

 かなり立派な、快適なトイレだそうですが、
タバコの煙・熱を探知する報知器の設置はなかったそうです(大崎駅のトイレにはあるとのことです)。

STOP受動喫煙新聞
「受動喫煙をなくすべき」という考え方は、すでに全世界に広がっており、世界保健機関(WHO)が2001年に可決・2005年に発効した国際条約「タバコ規制 枠組み条約」(FCTC)では100%タバコ被害のない社会をめざして、喫煙規制の法や条例の制定を、世界各国に促しています。
[購読申し込み]

トイレの禁煙マーク ~渋谷” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    よく利用する大江戸線の最寄り駅の地下鉄のトイレに入るなり、残留喫煙でした。
    我慢して息を止めて利用したのだけど、最近なんか増えましたねー、地下鉄のトイレタバコ!
    すでに赤丸禁止印がぺたぺたと貼られていますが、効果はあるんでしょうか。
    さらに、乗り場へ行けば電車を待っていた女性から強烈な香料の匂いを受けて吐きそうになりました。
    どちらもなかな回避が難しい、これらの日々は辛いですね~。

  2. ユカタン より:

    お店とかの公衆のトイレでタバコを吸っても、責任逃れ出来るような仕組みが問題ですね。
    また、トイレに行くこととタバコを吸うことは同じようなものだという方がおりますが、違うと思います。
    トイレは、自然現象になる。喫煙は嗜好品として吸う人だけが吸うわけです。
    もしこれらを同じに考えている人ならば、タバコの吸い殻が道端に落ちていること自体が奇妙な話です。

  3. ユカタン より:

    公衆トイレでも気を緩むことが出来ません。
    これまた、男女のトイレが隣り合わせにつくられていることも、トイレタバコでの受動喫煙に遭遇したりします。
    なんか、トイレなんかで受動喫煙は情けない話です。
    思い返せば、私が高校時代3年間ずっとトイレでのタバコ煙害がありました。
    トイレで吸えば先生方もなかなか注意が難しいのか知りませんが、煙がもくもくで未成年での受動喫煙は悲しすぎました。

    1. パンダ より:

      今年の12月からスマホ運転の罰則が始まります。
      受動喫煙症患者としては、喫煙運転での受動喫煙で困っています。
      喫煙運転も同じ、ながら運転なので罰則化して欲しいと、国土交通省に申し入れしました。

  4. ユカタン より:

    そんな、乳幼児からお年寄りまで誰が利用するかわからない空間で喫煙等とんでもありません!
    これは下手したら路上喫煙より悪質に思えたりします。
    自宅のトイレと勘違いしてはならない。
    落ち着いて用も足せない空気の汚染されたトイレなど冗談ではないです。
    トイレでタバコを吸った人は罰金を支払わねばならなくするぐらいの罪だとも言えますね。

  5. パンダ より:

    トイレ禁煙表示
    「お客様からご意見を頂いています」は責任逃れをする為です。
    自分たちの意思ではなく「お客様にしつこく言われて仕方なくしているのでクレームはするな」と言いたいのだと思います。

  6. パンダ より:

    少子化問題?
    そんな事、真剣に考えてる国民いますか?
    政治家さえ真剣に考えてないのに?
    国民に投げやりって事、気付いていますよね?
    日本人の真面目さを悪用する政府と詐欺師です。
    郵政問題も同じです。
    これから産まれてくる子供が受動喫煙で死ぬなんて当たり前です。
    コンビニ、スーパー、喫煙所の二次喫煙、そして飲食店やマンションの三次喫煙は未だに当たり前の世の中ですよ。
    本当に子供を守りたいならタバコ廃止しかありません。
    あとは不幸な子供を産まない事。

    1. パンダ より:

      自宅の室内で喫煙してない喫煙者。
      1日1本しか吸わないという、中毒じゃないと思っている喫煙者。
      自分は受動喫煙させていない、これくらい大したことないと思っている喫煙者。

      しかし、自宅の室内で喫煙をしていなくても、喫煙者の室内は有害物質満載です。
      私は発作が出ます。

      禁煙店でも同じです。
       
      1日1本しか吸わないという喫煙者でも、
      禁煙店に1人でも喫煙者がいると発作が出ます。
      喫煙者自身が有害物質となっています。

      喫煙者の「これくらい」は全く、「これくらい」ではありません。
      あなたが気付いてないだけです。

      もし子供がいるなら、あなた一人で大量の有害物質を放って吸わせています。
      まだ病気になってないだけです。
      いつ発病し、一生治らない病気になるかは分かりません。

      子供の命はあなたの命ではありません。
      明らかに虐待です。
      喫煙者が子供を生み育てるということ自体が虐待であり殺人なのです。

  7. ユカタン より:

    トイレ空間は大きな落とし穴であり、まさか中まで見られないだろうと、ダメでも喫煙しますよ!
    煙の反応で大音量ベルでもならない限りは。。。

    1. パンダ より:

      残留受動喫煙=三次喫煙
      三次喫煙による食品移行有害物質=四次喫煙
      と考えます。(タバコの有害物質が付着した食品を食べる事)

      今日も三次喫煙により発作発生。
      店内の子供のいる場所で飲食する事で発作。
      気付いて10分以内に退店後、2時間程発作止まらず。

      いつ死ぬ?

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*