厚労省は、「スマート・ライフ・プロジェクト」という健康にかんするとりくみを行っていますが、

 その主催で、受動喫煙対策への新しいマーク =ただの“禁煙”マークではなく、
受動喫煙のない社会を目指して
 という目的のマーク= を、’16年にデザインを一般公募し作成、発表しています。

  (当時、『STOP受動喫煙 新聞』’16年末「特別号」で紹介しています)

 この「スマート・ライフ・プロジェクト」には、一般の団体や企業も登録できて、
マークに団体名を入れることができる、ということですので、
「受動喫煙撲滅機構」もすぐに登録、オリジナルのマークを作りました。

 営利目的でなく、団体名以外の変更がなければ、印刷して自由に頒布できるそうです。

 なお、「一般社団法人タバコ問題情報センター
 (渡辺文学「受動喫煙撲滅機構」理事が代表を務められる禁煙団体。『禁煙ジャーナル』発行)
 も、登録しています。

 みなさんも、禁煙団体などの活動に参加していましたら、お奨めしたいとおもいます。