やはり皆が嫌がる受動喫煙~「78.4%が不快」内閣府調査

 内閣府が初めてタバコに関する世論調査を行い、結果が出ました。

 周囲のたばこ、78%「不快」=がん治療と仕事、6割弱が両立不可能-内閣府初調査
  =『JIJI.COM(時事ドットコムニュース)』2019年09月27日17時13分=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

たばこ対策の調査は初めてで、周囲のたばこの煙を「不快に思う」「どちらかと言えば不快に思う」と答えた人は合計で78.4%に上った”

“……調査は、東京五輪・パラリンピックを控え……改正健康増進法が来年4月に全面施行されるのに合わせて実施された。不快に感じた場所を複数回答で尋ねたところ、「レストランなど主に食事を提供する店舗」62.4%、「路上」53.3%、「居酒屋など主に酒類を提供する店舗」38.6%の順……”

 たばこの煙、78%が「不快」…「食事の店舗で」62%
  =『読売新聞オンライン』2019/09/27 20:27=

“「不快に思う」と答えた人は78・4%に上り、「不快に思わない」の20・0%を大幅に上回った”

 「不快に思わない」人、まだ2割もいるのですねぇ……。
 でもちょっと前までは、もっと多かったと思います。少しイヤという人も多かったのですが、
「私だってタバコはイヤだけど、そこまで」と、よく言われて、イヤな思いをしたものです。
 (今もいわれることはありますが、あるていど理解はされて、前ほど非喫煙者と揉めなくなりました)
 

千葉の団体「スモークフリーキッズ」のポスター展より。

やはり皆が嫌がる受動喫煙~「78.4%が不快」内閣府調査” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    いつも喫煙者には、まともな空気を吸われないようにさせられているとしか思えません。
    自室では、空気がいつもタバコの臭いで、外出先でも喫煙者が多くて自分の居場所がないといってもいいでしょう。
    人生一度きりなのに、それを喫煙者の嗜好品での受動喫煙で苦しめられるなんて残酷でしかないですよね。
    呼吸系が以前よりも増して、つまりが早くなるようになって、かなりの危機感をおぼえています。
    自治体にも相談しましたが、法で定められていないので自分たちは注意をすることができない、と言われました。勝手に具合悪くなりなさいと見放されたような気分です。

  2. ユカタン より:

    私はこれまで色々な違反の喫煙者に注意をしてきましたが、注意をされた喫煙者は、何が悪かったのかを気が付かないまま、気持ちは面白くないという状態のようですね。
    ですから、理由の説明付きで言うしかないのかと考えましたが、しかし、そうなると自身が本当にくたびれてしまいます。
    特に近隣の建設業などの職人たちの喫煙について、座り込みながらタバコを吸いまくる若手の男性職人に、路上喫煙は迷惑だから止めてくださいと申したことがありましたが、「親方がこの辺で吸えと言うから吸っている。文句あるなら親方に言ってくれ」等でした。
    自身の安全の為にも、この関係者にはノータッチでいたいと思いました。

    1. 受動喫煙撲滅機構 より:

      ユカタンさん
       業者の喫煙など迷惑行為には、そこを雇う大元の雇い主に、またはせめて雇用企業に注意してください。
       本人に言っても、無駄であることが多いとおもいます。

      1. ユカタン より:

        受動喫煙撲滅機構様

        いつも有難うございます。そのようにしてみたいと思います。
        それにしても、受動喫煙は様々な場所でなってしまうものですよね。
        喫煙する人が存在する限り、タバコの臭いなり有害物質なりと受けるのも大変です。

    2. パンダ より:

      ユカタンさんご賛同ありがとうございます。
      喫煙者に理由を説明したり、注意したりしていたら疲れますよね。
      そういう事をしなくていいように、喫煙者に伝える人が必要ですね。
      ユカタンさんも自分の身も考えたら危険を承知でされていると思います。
      しかし私達には受動喫煙症患者を守る団体がありません。
      自分の身は自分で守るしかないのです。

      1. ユカタン より:

        本当に毎日のタバコ煙害から身を守り、受動喫煙にならないで暮らす生活は、パンダさんのおっしゃる通り極論でしかありません。
        気遣いなしの喫煙者の方が多い結果、受動喫煙を招くものだと思いました。
        受動喫煙が当たり前になり、心底、笑えなくなり、困り顔か苦笑いばかりの日々ばかりで。
        それでもね、受動喫煙にさせるような喫煙者には負けたくないのです。
        パンダさんから、沢山学ぶこともあります。
        パンダさん、いつも本当にありがとうございます!

  3. ユカタン より:

    管理会社からの依頼で工事関係者もやってきますが、その場で喫煙をする人ばかりなので、管理会社に、路上で喫煙されたら自室に臭いが入り込むから困る、と申入れたことがありました。
    そうしたら、
    「業者は業者で一服も必要何ですよ。わかってあげてください。喫煙まで私どもが指摘してしまうと、依頼しても業者に断られる可能性がある」等と言われました。
    これは、もう何にも言うこともなくなり、いい加減な管理会社と思いました。

  4. ユカタン より:

    賑やかな笑い声が部屋の外から聞こえたので窓を開け建物の下を見てみると、業者の車に柄の悪そうな人らがすでにタバコを吸いながら話していました。油臭い変な臭いがします。
    こんな、注意するのも考えてしまうような人達が、またくるのか、それとも一日限りか? と思うだけで、生活の自由を奪われているような気がします。
    いつ、どこで吸うかわからない喫煙者には、もっと努力が必要というのは、正にその通りです。
    受動喫煙から症状が当たり前のように出てくる日々には、本当に危機感しかありません。
    喫煙者は、そんなことさえ汲み取れずに呑気に嘲笑いをするかのように、民家のある中でバンバン喫煙をしています。
    最近はもう、どこから手を付けたら良いのかわからなくなります。

  5. ユカタン より:

    タバコの煙や臭いなど誰も吸いたくないですよね。
    その張本人である喫煙者でさえも、車の窓を開けたり、自室から出てタバコを吸うのですから。
    ヤニダラケになり、汚れて困るはずだし、臭いや有害物質で懲らしめられます。
    これまで遭遇した受動喫煙の数々のうち、九割がたは、なにかしら違法・違反(マナーも含め)な喫煙でした。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*