隣人のベランダ喫煙、注意すべきか?[お悩み相談]

 住宅の受動喫煙について、また興味深いネット記事が出ました。

 隣人がベランダで吸うタバコの煙がわが家に……。注意するべき?【お悩み相談】
  =『レタスクラブニュース』2019/9/30=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“隣の方がベランダでタバコを吸っていて、窓を開けると煙ってくるのが苦痛です。
隣の方は私よりも5歳年下の女性で、子どもが同世代。住宅の清掃のときや総会などの集まりで顔を合わせればよく話をします……私がベランダに出たら、彼女がタバコを吸っていました。すると、私がベランダに出たことに気づいただろう彼女は、慌てて部屋に入ってしまったのです。話題には上がらないけれど、彼女もおそらくタバコの煙を気にしてるのだと感じました”

“換気のため窓を開けて外出をしていたのですが、帰宅したら部屋中にタバコの匂いが充満していたことがあったのです。子どもはにおいに敏感なので、大声で「くさい!」と激しく嫌がられました。隣に聞こえるのではないかとひやひやです”

 なぜそんなに「ひやひや」するのでしょうか? ベランダごしに大声で注意する被害者もよくいます。それは対立となったりして問題になる場合もありますが、子どもの正直な声を聞かせれば効果的かと思うのですが。

 続く、「アートセラピスト」なる人の回答です。

“管理担当者に、全戸に向けて喫煙に関する注意喚起の文書を配布していただいてはいかがでしょうか。
住民同士で直接注意するとお互いに気まずい思いをしますし、受動喫煙の被害や喫煙ルールについて啓発するよい機会となります”

 上記は、我々も被害者に助言していることで、よい回答ではないかと思います。
 しかしあとの回答にある、
 “あなた自身が取り組める消臭対策にも取り組んでください”
 は、解決までの一時しのぎの方法と思っておいてください。
 やはり加害は加害、加害者が完全に害を発生しないようにしなくては(させなくては)なりません。

 また、改正法が来年施行されるとも書いていますが、住宅でもどこでも、受動喫煙を生じさせない“喫煙の配慮義務”は、今年1月から施行されていることです。(以下リンク)

 その施行についての、当機構サイトの下記ニュースを引用した文を配布したマンションで、隣人からの受動喫煙がなくなったという報告がありました。
“受動喫煙が無いよう配慮”は法で義務づけられています / 「加熱式タバコ専用室」の問題

 その報告手記は、『STOP受動喫煙 新聞』第28号に掲載しています。

『STOP受動喫煙 新聞』季刊・年1200円
さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

隣人のベランダ喫煙、注意すべきか?[お悩み相談]”に5件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    だれしもが、ベランダでの喫煙を厳重に注意できれば、ながいこと苦しまなくても、よいのではないかと思いました。
    喫煙者はつねに、タバコのあらゆる成分で、思考や行動をコントロールされています。
    悪影響の成分は、ニコチンだけではありません。
    喫煙者自身は、タバコの成分がどういったものなのか、自分で吸って吐き出したタバコの煙害が、
    他人にどう影響するものなのか、
    きっちりと理解をしたうえで、喫煙する。
    これこそが、最低限の非喫煙者側にたいしての配慮だと思います。

  2. ユカタン より:

    仮に、ベランダ喫煙について隣人に注意を呼びかけたとします。
    しかし、とりあえず従うような返事をしても、そう簡単には、やめないことが多いですね。
    管理会社から直接注意をしてもらっても、隣人は、「ちゃんと自室内で喫煙していますよ」とでもいいます。
    しかし、自室でも窓を全開にして喫煙する住人もいます。それではベランダ喫煙と何ら変わらないです。
    ベランダには、互いが見えないような仕切りがあります。すぐ隣ならば、何とか見えても、部屋やそれ以外の近隣は視界に入らないようになっていますので、いつどうやって吸っているのか、わかりません。
    受動喫煙の被害者は、タバコの臭いなどが来るから、漂うから困るわけで、日々、健康被害などの心配も大きいのです。
    しかし、喫煙者の住人は、「なんで、タバコぐらいで、ガタガタといわれないとならないのか?」「自室で喫煙はいーじゃないか」みたいな感じです。
    喫煙者と、受動喫煙を回避したい側とでは、どうやってもズレがあります。
    これは本当に、住宅での喫煙事情を何とかしなければなりませんね。

  3. ユカタン より:

    隣人にベランダでタバコを吸われるのはもちろん、自室で吸われても、受動喫煙になります。
    ベランダなら、微かな隙間などから、他の住民の部屋にタバコ煙害が入り込むことになります。
    そうなると、受動喫煙を回避したいと思う住人とトラブルになりかねません。
    注意は、誰しもが、はいわかりましたとはなりません。
    たちの悪い住人なら、その後に嫌がらせが始まることもあるみたいです。
    やはり、最初は、管理会社に通報してからがよいと思います。  

  4. ユカタン より:

    このような毎日になれば、ただタバコ臭い、だけでは済みません。
    自室にタバコの煙害が入ることで、家電などにも有害なヤニが付着して、こびりつくように吸収して取れなくなることまであります。
    本来もっとも安心していられるはずの部屋にまで、あってはならない爪痕のようなものが残されるのです。
    我が家もそれで、炊飯器でご飯が炊けてきたら、湯気と同時にタバコ臭いものが鼻につくことがあります。
    ただ事ではありません。
      

  5. ユカタン より:

    この記事のことは、住環境では、一番といってよいほど深刻な問題だと思います。
    住まいは、落ち着いていられるところでなくてはいけないと思います。
    それを隣人のベランダ喫煙などで、自室にまでタバコの悪臭が漂うなんか普通に考えてもおかしな話です。
    やはり、マンションや集合住宅では敷地内全部が、喫煙することが不可能な環境にしてもらいたいです。
    受動喫煙を回避しようもない場所ですので。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*