試験的に、当サイトに広告の掲載を始めました ~ ご意見うけたまわります

 当「公益社団法人 受動喫煙撲滅機構」および発行する『STOP受動喫煙 新聞』では、
発行や活動の経費充実のため、また良い製品や活動の紹介であれば「情報」として有益であると考え、
有料の広告掲載を募集しております。すでに『STOP受動喫煙 新聞』では、禁煙治療薬や医大などの広告を掲載しております。(1~7号掲載、現在も募集しております)

 当公式WEBサイトでも、優良な企業や団体による広告を募集しておりますが、このたび、試験的に、グーグルによる自動配信の広告を、’19年10月30日より掲載しております。
 現在は、サイト各ページに、パソコンであれば画面の右に出ております。

現在は、“自動”の広告です

 まず導入したものは、グーグルが中間業者となる、自動配信の広告です。
 これは、直接の広告主をつのるにあたり、スペースの配分や、検索数およびそれによる収入、また閲覧の印象など、様々な実証調査のために、試験的に導入したものです。

 現在の広告は、グーグルが選んで自動で配信されています。そのため、受動喫煙やタバコ問題と無関係なものが多くなっていますし、当機構や禁煙活動の方針に反するような、分煙推進などの広告も混在することもありますが、その内容については、当機構が推奨したり関知しているものではないことをご了承ください。

 問題があると思える広告は、見つけしだい排除しておりますが、配信がしばらく続いてしまうことがあります。そのような場合はご容赦いただきたく、またご指摘やご意見をいただければ幸甚です。
 ※見るブラウザ(インターネットエクスプローラーやファイアフォックスやグーグルなど)により、またその人の検索履歴により、出る広告が違っています。

 開始時は、まず、出る広告の件数・位置・サイズともすべて自動(グーグルにおまかせの設定)にしてみたところ、画面の多数を広告が占めて何のサイトかわからないような状態になってしまったため(設定の反映には時間がかかるため、予測できなかったもの)、翌日には一カ所のみ、小さいサイズで位置も目立たないほうにして、「内容には関知しておりません」との文を加えました。修正前にご覧になり、驚かれたみなさまにはお詫びいたします。

 なお、この自動広告は、その広告欄がクリックされ開かれた件数によって広告料が課金されるものです。中間業者のグーグルの取り分があり、当機構への広告収入は、開始時の多数掲載のときより縮小したいまはさらに少額であり、実験・試行であることをおことわりしておきます。現在も、より効果的な方法の模索中です。

直接の広告契約を募集しています

 受動喫煙撲滅機構では、有益な製品の紹介や、医療機関、活動団体などの、
寄附の意もあわせた、広告契約を募集しております。
 そのような直接の広告が充実しましたら、当活動の情報とは無関係である現在の自動広告は廃止または休止する予定です。

 広告料は、期間・スペース・内容・『STOP受動喫煙 新聞』との併載その他により、相談に応じます。
 自薦他薦を問わず、優良団体のご連絡をお待ちしております。

ご意見・ご提案を募集しています

 このような広告を掲載することに対して、“活動としてけしからん”という方から、“活動にも資金が必要、さらなる発展・充実や存続のために、もっと行うべき”というご意見まで、さまざまあると思います。

 当機構ではつねに、読者の方の、あらゆるご意見を募集しております。

 みなさんの貴重なご感想・ご意見・ご提案を参考に、修正をくわえ、当サイトも『STOP受動喫煙 新聞』も、また活動全体を充実・存続させていく所存ですので、忌憚のないご意見をぜひともおねがいいたします。

 お問い合わせフォーム(←クリックするとページが開きます)

『STOP受動喫煙 新聞』季刊・年1200円
さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読をおすすめします。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*