本ニュース5月21日〈『「無煙社会をめざす会」定例会』が開かれました。~「労働審判」申し立て報告も〉のなかでお知らせしました、
職場での受動喫煙被害に、「労働審判」申し立てが行われた件の、続報です。

 前記ニュースでは「弁護士ドットコム」の報道をお知らせしましたが、
他でも報道されていたことが判りました。
 (いずれも5月18日、ネットより)

 職場のタバコ問題「分煙求めたら解雇された」ぜんそく女性が日本青年会議所を訴え『HUFFPOST日本版』
受動喫煙で精神疾患 JCの30代元女性職員が労働審判『産經新聞』

 以下、一部抜粋です。

“健康増進法や労働安全衛生法では、職場の受動喫煙に対して「禁煙にする」「喫煙室を作り分煙にする」といった努力義務を課している。
だが、申し立てた女性によると、日本青年会議所は「ビル内の階段でさえ煙突のようにけむい状態」が続いていた”
“「仕事は好きだった」 でも職場は変わらず、解雇通知が”
(『ハフポスト日本版』)

“改善を求めた上司からは「男性は一度に一つのことしか考えられない。受動喫煙という軽微な問題にまで気が回らない」などといわれた”
(『産経』)

 みなさんやお友だちにも、職場の受動喫煙被害はありませんか……?

 この結果が、職場受動喫煙被害の撲滅につながっていくことに、期待しましょう。