ツバメの受動喫煙

 ネット報道から。
 喫煙所に、ツバメが巣を作ってしまったそうです。

 受動喫煙、ツバメに害は? マンション喫煙所に営巣
  =『朝日新聞DIGITAL』2018年5月31日11時54分=

 この記事は単に“珍しさ、ほほえましさ”でなく、
ツバメの健康被害に言及しているところが立派、
時代の流れを感じさせます。

(一部抜粋)
“獣医師…「飼い主が室内でたばこを吸った際、たばこの煙やニコチンなどの成分が鳥にとってストレス要因となる可能性は十分に考えられる」”

“獣医学の研究者…「動物とヒトは共生している。助け合いの精神や配慮の心をもつのは大切なことだ」”

 動物ももちろん受動喫煙の健康被害はあり、古くから指摘されています。
 (『STOP受動喫煙 新聞』9号でも掲載しています)

 体が小さい動物は、人間より深刻なはず。
 喫煙女性が卒煙したら、部屋で飼っている猫が布団に入ってくるようになった、という話も聞いたことがあります。

 なお、ツバメの巣は、勝手に壊したら犯罪になるそうですが、 参考→ツバメの巣を見つけた場合、どうすれば?『弁護士ドットコムニュース』2017年06月05日 12時32分

 受動喫煙で死んだりしたら、罪にはならないのでしょうか……?

STOP受動喫煙新聞
「受動喫煙をなくすべき」という考え方は、すでに全世界に広がっており、世界保健機関(WHO)が2001年に可決・2005年に発効した国際条約「タバコ規制 枠組み条約」(FCTC)では100%タバコ被害のない社会をめざして、喫煙規制の法や条例の制定を、世界各国に促しています。
[購読申し込み]

ツバメの受動喫煙” に対して1件のコメントがあります。

  1. ユカタン より:

    これも深刻ですよね!
    地球上に住んでいるのは人間だけではなく、人間だけが人工的なもので人を懲らしめたり、生き物を傷つけたりしてはならないと言えます。
    悪いものまみれで変に製造して売られている今のタバコについても大変なことです。
    これでは、一通りの生き物に害を与えることにもなりかねません。
    人は人でしんどくなるだけです。 

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*