紙巻タバコ喫煙者が「裏切られた」?

 改正法施行まもなくの報道です。
 だから、「加熱式タバコだけ例外」なんて変な法にしなければよかったのです。

 屋内禁煙で店から“排除”された紙巻タバコ派 「裏切られた」と吐露
  =『しらべぇ』2020/04/06 05:30=

“「どうしても『裏切られた』って気分になってしまうのはドトールとルノアール。……急に紙巻きだけ排除するなんて…」”

“「加熱式だってそれなりに煙が出ますし、健康への影響について著しく差があるとエビデンスがあるわけでもないですよね? それだけに今回の“差別”は納得いかないです…」と怒りをにじませた”

 “加熱式もそれなりに悪い”は、当を得ています。しかしその前の、“タバコ税を払っているのだから”は、また始まったか、という喫煙者の屁理屈です。
 これにしても、本来、筋違いのタバコ「税」は廃止し、「課徴金」という形式に変えて、どんどん値上げすればよいのです。
 ☆「タバコ税廃止」の正論は、『STOP受動喫煙 新聞』第2号–2012年2月第9号–2015年1月で、それぞれ税理士と弁護士の論説を掲載しています。
 
 
   

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*