昨日の本ニュースにあげた署名 の呼びかけ人である、
中室牧子氏・津川友介氏による論説が公開されましたので紹介します。

日本人が加熱式たばこの実験台にさせられてい
 『ダイアモンドオンライン』6/11(月)6:00配信

 (一部抜粋)
“「なぜか加熱式たばこには甘い」と指摘する。
……有害性を調べた研究が少なく、規制がゆるいのをいいことに、
「たばこ産業は日本人で人体実験をしているのでは」と懸念を示している。”

“実はアメリカでは加熱式たばこはまだ販売許可が下りていない。FDA諮問委員会は、2018年1月に、加熱式たばこが紙巻たばこよりも害が少ないというエビデンスは不十分だと結論付け、「紙巻たばこよりも害が少ない」と宣伝することを禁止したのだ。”

 この国では、原爆もアメリカによる人体実験でしたが、
原発の放射能でも、食品添加物・合成化学物質・電磁波、その他でも、
「問題が起きたら、なんとかしようか」「それまで国民の反応を見よう」
という、人体実験国家、なのですね。(タバコなんか“いまさら”かも)