まだ遅れる事務所の禁煙化~「帝国データバンク」調査

 企業経営に関する調査会社「帝国データバンク」による調査結果の発表がありました。
 全面禁煙は4分の1に過ぎず、厚労省の基準に満たない不完全な分煙や何もやっていない法律違反企業も多くあるということで、業種別にも示しています。
 以下はその要点をまとめた報道です。

 「受動喫煙防止条例」の影響で4社に1社が全面禁煙を実施、多い業界は金融・不動産関連、少ない業界は?
  =『@DIME』2020.07.07=

 以下抜粋、「……」は文省略・太字化は引用者によります。

“「完全分煙」が53.9%でトップ”

“「全面禁煙」は26.2%で4社に1社……前回調査(2017年9月実施)から4.1ポイント増加”

“規模が小さい企業ほど実施”

“業界別では『金融』『不動産』で、地域別では大都市を抱える『南関東』や『近畿』全面禁煙を実施している割合が高い

 禁煙化後の業績については。

“「マイナスの影響がある」企業は12.9%……業種別では「旅館・ホテル」(39.3%)がトップ。次いで「飲食店」(36.2%)や「娯楽サービス」(35.1%)……「飲食料品小売」(28.1%)といった小売業など、個人向けの業種が上位に”

“「プラスの影響がある」は2.0%と低水準にとどまった”

 「マイナスの影響がある」と言っても、これは主観的な回答ではないでしょうか?

 元の調査会社の発表はこちら→企業における喫煙に関する意識調査(2020年)=「帝国データバンク」公式サイト「景気・経済動向記事」2020/3/24=
 (画像は上記「帝国データバンク」サイトより)

STOP受動喫煙 新聞』 季刊・年1200円
 さらなる情報が読める! 各種サービスがある、当機構への入会=『STOP受動喫煙 新聞』のご購読=をおすすめします。

 ☆画像はクリックで「紙面案内・入会特典」ページが開きます。

コメントを残す

* が付いている欄は必須項目です。
アドレスは公開しませんが、内容確認の場合がありますのでご記入ください。
(名前は記入されたまま公開します。過去のコメント集「被害者のコエ」参照)
公開は内容確認後となります。若干の要約・修正や、公開しないこともあります。
※公開向けではない個人的な相談や意見は「お問い合わせフォーム」へお願いします。
※受動喫煙と関係ないこと、喫煙の非難などは書かないでください。

当機構からの回答や連絡は、必ずあるわけではありません。
投稿の方への、一般の方からの助言・ご意見・励ましの言葉も歓迎しています。
(その方のコメント末尾「返信」をクリックして投稿してください)

※公開したコメントの削除は基本できません。
 (より良くするための修正は検討します)
 コメント文の転載等その後の使用権は、当機構が有します。
 無断転載を禁じます。

*